ブラジル、南米予選のラスト2試合に向けてA・サンドロを追加招集

写真拡大

 ブラジルサッカー連盟(CBF)は22日、ブラジル代表にアレックス・サンドロ(ユヴェントス)を追加招集すると発表した。

 CBFは15日に、2018 FIFAワールドカップ ロシア 南米予選に臨むブラジル代表のメンバーを発表した。しかし、その一員だったDFマルセロが、所属するレアル・マドリードの試合にて左足大腿二頭筋後部を負傷。それを受けて、マルセロが出場停止となった5日のコロンビア戦でも追加招集されていたアレックス・サンドロが再び代表に加わることになった。

 既に南米予選の首位通過を確定させているブラジルは、10月5日にボリビア代表と、10月10日にチリ代表との対戦を控えている。