レアルのアセンシオ photo/Getty Images

写真拡大

現在世界最高の若手選手は誰なのか。仏『L'Equipe』がU-21の選手を対象に世界最高の50名をランキング形式で紹介し、現時点での世界最高の若手選手を独自の視点から決めている。

今夏にはフランス代表の若手FW2人が市場で大きな注目を集めた。モナコからパリ・サンジェルマンに移籍したキリアム・ムバッペ(18)、ドルトムントからバルセロナに移籍したウスマン・デンベレ(19)の2人だ。両者の獲得には莫大な移籍金がかかっており、U-21世代の中でも大きく注目される選手だ。

しかし今回同メディアが選んだ1位はこの2人ではない。ムバッペは3位、デンベレは4位となっており、今回1位に選ばれたのはレアル・マドリードMFマルコ・アセンシオ(21)だ。アセンシオは今夏のスペイン・スーパーカップでバルセロナ相手に2度も強烈なミドルシュートを叩き込むなど、昨季から急激に評価を高めている選手だ。

2位にはトッテナムでゴールを量産するデル・アリ(21)が選ばれており、そこから5位ジャンルイジ・ドンナルンマ(18)、6位ガブリエウ・ジェズス(20)、7位レロイ・サネ(21)、8位キングスレイ・コマン(21)、9位マーカス・ラッシュフォード(19)、10位ティモ・ヴェルナー(21)と続いている。