コンテ監督の愛がすごい…モラタは「娘と結婚して欲しい男」

写真拡大

『Independent』は22日、「チェルシーのアントニオ・コンテ監督は、娘がアルバロ・モラタを連れてきたら結婚させたいと話した」と報じた。

今夏のマーケットでレアル・マドリーからチェルシーへとやってきたモラタ。移籍金は5800〜6000万ポンド(およそ80〜82.8億円)となり、その額には「高すぎるのでは」という批判もあった。

しかし序盤からレギュラーとして活躍を見せ、さらにジエゴ・コスタが売れる可能性が高くなったことから、投資を取り返すことも出来た。

大成功に終わりそうなモラタについて、アントニオ・コンテ監督は以下のように話したという。

アントニオ・コンテ

「アルバロ・モラタについて思うことは、適切なときにこの状況を迎えたという点だ。偉大なチームでストライカーになるために。

忘れてはならないのは、ユヴェントスやレアル・マドリーで彼は常にプレーする選手ではなかったということだ。

その理由は、彼は責任を負えるだけの正しい年齢ではなかったからだ。

良い選手だ。完成された選手だ。技術的に優れているし、良いリーダーでもある。彼はチームを改善するためのものを備えている。

モラタは24歳だ。それは、今後10年間に渡って仕事ができる可能性を持つという意味だ。

私は彼が気に入っている。なぜなら彼は完璧な選手だからだ。あらゆる場面で多くのものを改善させられる。戦術、フィジカル、技術的側面。彼はとても集中している。態度も常にファンタスティックだ。

彼はとても丁寧な選手だ。それが好きだ。そして、いい点取り屋でもある。彼はいつもゴールを期待できるし、ボックス内でボールを受けるためのベストポジションをよく理解している。どこにボールがやってくるかをね」

【次ページ】娘が彼を連れてきたら…

アントニオ・コンテ

(丁寧とは?)

「本当にいい男なんだ。

それはね、もし年頃の娘がいたとして、このような男を連れてきたとしたら、結婚させるだろうなという意味だよ。

本当にいい男だ。礼儀正しい人物だ」

(その点で汚さが欠けているという話も?)

「それは彼のやり方だ。改善できる点について話しているときは、おおよそそういうことだ。もっとアグレッシブにと。

私にとって9番はとても重要だ。プレーの指針となるからね。

昨季はジエゴ・コスタがいい仕事をした。今季はストライカーが代わり、アルバロ・モラタとミシ・バチュアイになった。忘れてはいけないのは、他のオプションもあるということだ。エデン・アザールがね。

ただ、本職の方に仕事を求めたい。彼らはとても強いし、良い選手だ。二人ともね。

しかし、私はアルバロにもミシにも同じ仕事を求めている。エデンがストライカーでプレーするときもそうなる。

9番は重要だよ。我々のプレーにおいての指針となる場所なんだ」