ドライ路の運動性は高くないが突然の降雪程度なら対応できる

 今年もアッという間に、来たる冬に備えてタイヤの履き替えを検討する季節がやってきた。九州南部や四国、近畿地方の南部など、以前はほとんど雪が降らなかった地域では「通年夏タイヤでOK」なので、冬タイヤのことを考える機会は少なかったと思うが、最近は異常気象続きで沖縄を除く広い地域で積雪を記録する可能性が高くなっているため、南国在住の人も冬タイヤへの履き替えについて検討するべき時代にあるといえる。

 とはいえ、それでも降雪地域以外で暮らす人にとって、本当に降るのかどうかわからない雪のためにスタッドレスタイヤを購入するのは躊躇してしまうものだろう。

 そこで今回は、通年履きっぱなしでも大丈夫なタイヤのひとつとして知られる「マッド&スノータイヤ」のメリットとデメリットを挙げてみたい。

「マッド&スノータイヤ」は「M+S」と表記されるヘビーデューティ系本格派SUV向けのタイヤで、その名の通り雪と泥にも対応する性能を備えたタイヤのことだ。ブロックが大きくて柔らかいので、雪や土、泥の上でもある程度のグリップ力を発揮する。

 本格的なオフロード専用タイヤと比較すると、雪や泥でのグリップ力は遠く及ばず、あくまでエマージェンシー性能として認識すべきだが、アスファルト路面でのグリップ力や静粛性は本格的なオフロード専用タイヤに勝る。勘違いしてはいけないのは、スタッドレスタイヤとはまったく異なるタイヤであるということ。雪上グリップは得られても、凍結路や氷上のグリップ性能はあまり期待できないから注意が必要だ。

 それでもしっかりした四輪駆動システムを備えるSUVに履かせるなら、シーズンに1-2回の積雪には難なく対応できることが期待できる。

「マッド&スノータイヤ」は、ドライ路でのグリップ力や転がり抵抗もあまり期待できないタイヤだが、重量級のアメリカンSUVなど、そもそもドライ路でのコーナリング限界性能や燃費を重視しないタイプのクルマには適しているので、そういうクルマなら通年履き続けるのもアリだ。路面との接地感が希薄になるというデメリットもあるので、キビキビとした挙動や、確かなステアリングフィールを伴った走行感覚を重視するドライバーには向かない。

 ちなみに、スタッドレスタイヤ以外で雪上走行に対応するタイヤは、最近になってサイド部分にスノーフレームマークという雪印のようなマークが刻印されるようになったので判別しやすくなっている。

 スタッドレスタイヤも大手メーカーの主力商品は年々夏タイヤに迫るドライ・ウエットグリップ、耐摩耗性を備えるようになった。自然吸気(NA)2リッター程度のエンジン出力の実用車なら、通年履き続けることも現実的といえる。もちろん、ドライ・ウエット共に絶対的なグリップは夏タイヤより若干落ちるので、常にそれを念頭に置いた慎重な運転を心がけることが求められるが、そういう意識が安全運転につながる効果もある見逃せない。

 筆者は3年前、愛車の先代型スバル・インプレッサG4 1.6i(5速MT)でダンロップの旧ウインターマックス1を真夏の炎天下も含めて通年履き続け、約2万3000km走ったが、純正装着タイヤとさほど変わらない感覚で乗り続けることができた。大手タイヤメーカー(日欧米)の最新スタッドレスタイヤなら、概ねどれも同様の感覚で乗ることができるはずだ。

 高性能スポーツモデルではまだまだ難しく、決して推奨するわけではないが、大衆車クラスの実用グレードならスタッドレスタイヤを通年履き続けることも現実的となった。

 スタッドレスと夏タイヤの性能差はどんどん縮まってきているので、スポーツ系のハイグリップタイヤを必要とするスポーツモデル以外は、やがてスタッドレスタイヤのみで通年を過ごせるようになるのかもしれない。