クアルディオラ監督がリーグ杯に疑問「名誉あるタイトルではない」

写真拡大

 マンチェスター・Cのジョゼップ・グアルディオラ監督が、カラバオ・カップに対して疑問を呈している。イギリスメディア『BBC』が22日付で報じた。

 クアルディオラ監督は「もちろん賞金は素晴らしいが、私は少しエネルギーの無駄遣いをしているように思う。私たちはカラバオ・カップ3回戦でウェスト・ブロムウィッチと試合をした後、3日から4日後にはプレミアリーグでクリスタル・パレスと試合しなければならない。その3日後にはチャンピオンズリーグ(CL)でシャフタール・ドネツク(ウクライナ)と試合をして、3日から4日後には再びリーグ戦でチェルシーとアウェイで戦わなければならない。監督にとって無駄なエネルギーが多いと感じる」と過密日程に異議を唱えた。

 さらに、「もちろん以前から分かっていたことなので、投げ出したりはしない。しっかりと試合は行う必要がある。しかし、他のタイトルに比べ、エネルギーを注ぐような名誉のあるタイトルだとは思えない」と語った。

 マンチェスター・Uのジョゼ・モウリーニョ監督も以前に「リーグカップに出ていないチームの方が、リーグ戦で良いプレーをする」と述べるなど、両監督はカラバオ・カップに対して疑問を抱いているようだ。

 マンチェスター・Cは23日、プレミア第6節のクリスタル・パレス戦が控えている。