日本の食卓で人気のメニューなど簡単・時短でおいしく調理

写真拡大

調理家電などを手がけるグループセブ ジャパン(東京都港区)は、自動調理鍋「Cook4me Express(クックフォーミー・エクスプレス)CY8511JP」を2017年10月に発売する。

バラエティ豊かなメニューを内蔵

ボタン1つで料理の手順をナビしてくれるほか、日を使わずタイマー設定できるため任せきりで調理可能。少ない力でも開閉しやすいフタの形状や、サイズをひと回り大きくしてつまみやすくした操作ダイヤルなど使い勝手が向上した。また6リットルの内なべなら最大6人分の調理が可能で、ファミリーや常備菜などの作り置きにも適する。

内蔵レシピが従来の60から150レシピに大幅アップし、圧力調理時間15分以内の「時短レシピ」136レシピを搭載。料理の手順を1つ1つ説明するため誰でもおいしく作れるほか、同社のガス火用なべで4人分作った場合と比べ、ビーフカレーは約1/2、五目豆やミートソースペンネ、角煮なら約1/3の調理時間で仕上がるという。

バラエティ豊かに楽しめるメニューは料理研究家・井上真里恵さん監修によりさらにおいしくなり、季節に合わせたレシピからパーティメニューまで、日本の食卓で人気のメニューが大幅に増量。また「圧力調理」「蒸す」「炒める」「煮込む」4つのマニュアル調理を選択可能だ。

内側はこびりつきにくいセラミックコーティングを施したほか、なべ自体も軽いため扱いやすく手入れが簡単。

レシピ画像や材料を掲載したクイックスタートガイド、蒸しかご、計量カップが付属する。

価格は6万円(税別)。