ネイマールとラキティッチ

写真拡大

FCバルセロナのクロアチア人MFイヴァン・ラキティッチは、『BBC Radio』のインタビューを受けた際、ネイマールの退団や彼にとってレオ・メッシと一緒にプレーする意味について言及した。

ラキティッチはネイマールの退団を消化するのには時間を要したが、受け入れている事を明かした。
「僕にとっては残念な決断だった。何故なら僕は彼をチームメイトに持つ事を望んでいたからね。だが、僕はネイマールやPSGを尊重する。もしあるクラブがバルセロナを離れる事を望む選手を買う事ができるならば、我々はそれを尊重し、彼の幸運を祈るべきだ。僕は彼が多くのゴールを決め、PSGで幸せになってくれる事を願っているが、僕達はネイマールなしで強くなり、自分たちの歩みを続ける必要がある。」

■メッシとのプレー
またラキティッチは彼にとってレオ・メッシと一緒にプレーする意味についてコメントした。
「僕はメッシのために多くの事をこなす必要があった。彼は世界最高の選手であり、恐らく史上最高だ。僕達は彼が異なる事を理解している。もし彼が3、4人の選手を相手にしたとしても、それをかわすのは彼にとって簡単な事だ。」

またバルサのスタイルに適応する難しさについてこのように語った。
「あなたは試合を見て、僕がバルサでプレーする事ができると言うが、ここのレベルは異なる。このレベルに達するために一歩一歩進み、特別な事をしなければならない事を理解する必要があるんだ。」