MF中島翔哉がGKイケル・カシージャスから芸術ゴール

写真拡大

[9.22 ポルトガルリーグ第7節 ポルト5-2ポルティモネンセ]

 ポルトガルリーグ第7節が22日に行われ、MF中島翔哉の所属するポルティモネンセは敵地で首位ポルトと対戦し、2-5で敗れた。3試合連続スタメンの中島は前半36分に2戦連続となるゴールを挙げ、今季3得点目を記録。前節に続いてフル出場したが、チームは2試合ぶりの黒星を喫した。

 首位ポルトのホームに乗り込んだポルティモネンセは前半25分までに3ゴールを奪われる苦しい展開。それでも同36分、MFパウリーニョが右サイドからドリブルで切れ込むと、中央を駆け上がった中島がパスを要求し、ワンタッチでPA内右に進入する。

 追走する相手DFを右足の切り返しでかわした中島は、2人目が寄せる前に右足のアウトサイドキックでシュート。内側に巻いたボールがGKイケル・カシージャスの届かないゴール左隅のコースをとらえ、ポストを叩いてネットを揺らした。

 中島は移籍後初ゴールを含む2得点を挙げた前節のフェイレンセ戦(2-1)に続き、2戦連発となる今季3ゴール目。ポルティモネンセはその後、さらに2失点を喫し、後半28分にDFルベン・フェルナンデスがチーム2点目を奪ったが、2-5のまま敗れた。


●海外組ガイド