近年盛り上がったボリューミーなグルメバーガーに代わり、最近は食べきりサイズのスライダーがインスタ上で話題になっています。色々な味を少しずつ楽しめて、お酒メインの食事にもピッタリです。

 

グルメバーガーは、大ボリュームのものが多かったのに比べ、スライダーバーガーは小さくて食べやすいのが特徴です。扱うお店も増えているので、今後ますます注目度が高まっていくはずです!

 

SNSから人気が急上昇!フォトジェニックバーガー

近年、インスタグラムなどのSNSが、トレンドの発信地となっています。特にフードは、“フォトジェニック”であることでブームになる傾向にあります。フードアナリストの中山秀明さんは、スライダーバーガー人気もSNS発信だと語っています。

 

「昨年までは絵力の強い『グルメバーガー』一強でしたが、今年のトレンドはその真逆をいく『スライダー』。喉を滑り落ちていく(スライドする)ほど小さいことからその名が付けられたそうで、かわいらしい見た目はとにかく写真映えしますね。専門店が続々とオープンしているほか、チェーン店でも採用されています」

 

さらに、スライダーがウケるのにはこんな理由もあると言われています。
「片手で持てるほど小さく、グルメバーガーなどに抵抗のあった女性にも受け入れられています。また、少しずつ色々な味を楽しめるので、お酒のおつまみにも向いているんです。アルコールを出す飲食店でも、スライダーを扱うところが増えていますね」(中山さん)

 

注目のスライダーバーガー01〜ウマミバーガー〜

ウマミバーガー

スライダートリオ

1680円

今年3月に日本初上陸を果たしたウマミバーガー。その定番メニューである「トリュフバーガー」、「マンリーバーガー」、「カリバーガー」をスライダーで楽しめる。自家製ケチャップとの相性も抜群です。

 

【食べられるお店】ウマミバーガー青山店


住所:東京都港区北青山3-15-5

 

注目のスライダーバーガー02〜OMG!CAFE〜

 

OMG!CAFEスライダーバーガープレート

1280円

牛肉100%の「ビーフパティバーガー」や、USビーフを自家製BBQソースで仕上げた「OMGビーフバーガー」、「アボカドとスモークサーモンのサンド」の3種がセットに。小さいながらもボリューム満点です。

 

【食べられるお店】OMG!CAFE

住東京都新宿区西新宿1-1-3新宿ミロード1F モザイク通り

 

注目のスライダーバーガー03〜シェイクツリー〜

シェイクツリー スライダー

450円

バンズなしの「ワイルドアウト」が話題となったシェイクツリーのスライダー。ビーフパティのみサンドされたシンプルなメニューだが、ビーフパティから溢れる肉汁やバンズの旨みを存分に味わえます。

 

【食べられるお店】シェイクツリー

住所:東京都墨田区亀沢3-13-6 岩崎ビル1F

 

 

注目のスライダーバーガー04〜ロッテリア〜

ロッテリア スライダー

460円(単品・2個入り)

人気商品である「エビバーガー」、「絶品チーズバーガー」、「てりやきバーガー」をスライダーにした「プチエビ」、「プチ絶品」、「プチてり」から2種選べるメニュー。3種すべてが入った「ロッテリアスライダーBOX」もあります。

 

【解説してくれた人】

フードアナリスト

中山秀明さん

ジャンルを問わず食のトレンドに精通。商品やお店の取材、執筆も多数。