ネイマールとカバーニの内紛騒動がクラブ間に拡大 フランスの名門同士がSNS上で“皮肉”の攻防 

写真拡大

PKを譲り合うマルセイユの皮肉投稿に、PSGは相手の不調を突く“カウンターパンチ”

 フランスの名門同士による場外戦が繰り広げられている。

 事の発端は、パリ・サンジェルマンのブラジル代表FWネイマールとウルグアイ代表FWエディソン・カバーニが、第6節のリヨン戦(2-0)でPKを巡って言い争ったこと。メディアを賑わせているこの話題を“ネタ”に、マルセイユがSNSで攻撃した。

「OM(オリンピック・マルセイユ)での衝突

 “お前がペナルティーを蹴りなよ”

 “いや、お前が蹴れよ”

 “いや、お前だ”

 “いいや…お前が蹴れ”」

 マルセイユの公式ツイッターは、選手2人が仲良さそうに肩を組んだ後ろ姿の写真とともに、このようなコメントを投稿。ネイマールとカバーニがPKを奪い合ったPSGに対し、マルセイユではPKの場面でむしろ譲り合うという皮肉を言い放った。

 しかし、マルセイユは思わぬ“しっぺ返し”を食らうことになる。PSGはツイートに返信する形で、同じように選手2人の写真と会話風のコメントを投稿している。

「-彼らが今季ボックス内に入ったの見たことあるか?

 -ないね。ペナルティーキックを欲しがってるだろうね」

 口は災いの元とはよく言ったもので、マルセイユは相手をからかったつもりが予想外のカウンターパンチを食らった。

 PSGはチーム内でのゴタゴタがクローズアップされているものの、ここまで6戦全勝で首位に立つ。ネイマールとカバーニ擁する攻撃陣は21得点と爆発し、守備も3失点と安定している。一方、マルセイユは3勝1分2敗の6位。9得点10失点で得失点差がマイナス1という不安定な戦いぶりなだけに“赤っ恥”を晒すことになった。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

【写真】仕掛けたマルセイユにPSGもすかさず反撃…マルセイユが公式ツイッターに投稿した皮肉メッセージとPSGの“カウンターパンチ”

https://twitter.com/OM_English/status/910870149535805440

仕掛けたマルセイユにPSGもすかさず反撃…マルセイユが公式ツイッターに投稿した皮肉メッセージとPSGの“カウンターパンチ”