男女間において、食事のときのマナーはとても大切。食事は生活のメインでもあり、その人の印象に大きな影響を与えるのです。そこで今回は、女性として身につけておきた食事のマナーをピックアップしました!

■箸と小さな食器の扱い

和食には欠かせないのが「お箸」。お箸の持ち方はもちろんのこと、お箸を手に取る際には、右手、左手、右手の順に作法を守るときれいに見えます。

また、手に持つ器は、お茶碗やお味噌汁の器だけでなく、小皿や直径15cmまでのお皿はすべて手に持つのが正しいマナー。

お魚などのお皿は手に持つ人が少ないと思いますが、昔ながらの和食の配膳方式では、お箸で掴んでから、口までの距離をある程度近くするのがマナーです。

刺身や天ぷらなども、個人用のお皿の場合は、手に持つほうがベターですよ。

■フォークとナイフの使い方

フォークは左手、ナイフは右手が基本です。フォークもナイフも、刃や柄の終わり部分に人差し指を置いて使いましょう。

フォークとナイフは、料理ごとに複数用意されています。コース料理の場合、外側に置いてあるものから使っていきましょう。

フォークで刺したほうが食べやすいものは、フォークをくるっと裏返して、背が上にくるようにして使います。

カジュアルなレストランなら、お肉などをナイフで切ったあと、右手にフォークを持ち替えて食べてもOK。ただし、高級で品位の高いお店では避けたほうが賢そうです。

食事途中フォークやナイフを置きたい場合には、お皿に対してハの字に置きます。食事が終わったら、お皿の右斜め下に、内側からフォーク、ナイフの順に置きましょう。

フォークは先端が上を向くよう背を下側。ナイフは刃を内側に向けてくださいね。

■ナプキンやハンカチの使い方

イスに座った際、お皿の上にナプキンが整えてあることって多いですよね。このナプキンは、一旦広げて、中央より少しずらした二つ折りで、膝の上にのせて使います。

オーダーの後、食前酒や前菜が運ばれる前に、膝に移動させましょう。

ナプキンがない場合には、ハンカチを膝の上に乗せると、お行儀よく見えます。うっかり料理を落としてしまったときも安心ですので、ナプキンがなければ、ハンカチを代用してみてくださいね。

■口は閉じて! 話すなら手を添える!

食べながらしゃべるのは絶対にNGです。口の中のものが見えると男性もげんなりしてしまいますので、どうしても言葉を発する必要があるときは、口に手を添えるようにしておきましょう。

とはいえ、食事中には会話も欠かせません。一度にたくさん口に入れて、長時間モグモグしてしまうと、会話ができなくなってしまいますので、適度な量を口に入れることを心がけ、会話も楽しめるよう食事していきましょう。

■おわりに

いくらおいしい食事でも、不快になるものが視界に入ると楽しむことができません。その感じ方は人それぞれですが、できれば、誰の前に出ても恥ずかしくないようにしておきたいもの。

ある程度の年齢を重ねてきているのであれば、食事マナーは必須ですよ!(山田あいこ/ライター)

(愛カツ編集部)