【井邑聯合ニュース】韓国と日本の古代遺物を通じ両国の文化と文物を比較する韓日文化交流展が韓国・全羅北道の井邑市立博物館で26日から来年1月28日まで開催される。

 交流展は井邑市と千葉県成田市の友好都市提携15周年を記念して開かれる。

 旧石器時代から朝鮮半島の三国時代と日本の古墳時代までの遺物約500点が展示される。特別講座や土器作りなどの関連行事も開かれる。

 博物館関係者は交流展について「両地域が古代から多様な形態の文化交流を続けてきた事実を確認できるだろう」と話している。