2017年度の第1四半期決算(4‐6月)で黒字転換を果たした三菱自動車

6月に開催された同社株主総会では益子社長が「業績がV字回復した暁にはランエボの開発に再挑戦したい」と述べるなど、信頼復活に向けた商品戦略を通して、徐々に以前の存在感を取り戻しつつあります。

ルノー・日産アライアンス入りした三菱自には、新6カ年計画「アライアンス2022」への貢献として、EV専用の共通プラットフォームの実用化(〜2020年)や、新たな駆動用モーター、バッテリーの開発、2022年を目処としたPHV技術のアライアンス内展開が期待されているそうです。

SUVとEVの開発に重点を置く同社は、昨年3月のジュネーブショーでコンセプトSUV「eX Concept」を公開以降、今年に入り、日米欧豪向けのコンパクトSUV「エクリプス クロス」や、東南アジア向けのクロスオーバーMPV「エクスパンダー」を立て続けに発表しています。

そして今回、三菱自は東京モーターショー2017において、自社の新たな成長と発展、今後のクルマづくりの方向性を示唆するコンセプトカー「e-EVOLUTION CONCEPT」をワールドプレミアすると発表しました。

ネーミングには“独自の進化したEV”という意味を込めているそうで、同社が得意とするEV技術や、四輪制御技術をさらに進化させるとともに、新たにAI技術を搭載したクロスオーバーSUVタイプのEVと説明しています。

公開されたティザー画像からは、後部ピラー廻りを含むサイドビューに前述の「エクスパンダー」風のイメージが見てとれるとともに、同車のネーミングからはSUVに変身した「ランエボの復活」を連想させます。

約1ヶ月後に開幕する今年の東京モーターショーにおいて、三菱自がどのような市販モデルを前提にして「e-EVOLUTION CONCEPT」を公開するのかが大いに注目されます。

(Avanti Yasunori・画像:三菱自動車)

【関連記事】

日産が新型「リーフ」の生産をスタート、発表後10日間で4,000台超を受注!
https://clicccar.com/2017/09/20/512947/

「商品力向上が復活への早道」三菱自動車が今年度に経営黒字化!
https://clicccar.com/2017/09/05/507502/

久々の新型車は新興市場専用のクロスオーバーMPV「三菱エクスパンダー」
https://clicccar.com/2017/08/29/505363/

三菱「ランエボ」が復活!? 株主総会で明かされた内容とは?
https://clicccar.com/2017/06/25/485913/

三菱デリカD:5にオレンジアクセントの特別仕様車が登場
https://clicccar.com/2017/04/23/465895/

【関連リンク】

東京モーターショー2017 オフィシャルサイト
http://www.tokyo-motorshow.com/

三菱自動車「e-EVOLUTION CONCEPT」
http://www.mitsubishi-motors.com/jp/innovation/motorshow/2017/tms2017/?intcid3=news_20170920_na

三菱自動車が東京モーターショー17でSUV版の「ランエボ EV」を 公開か?(http://clicccar.com/2017/09/23/514156/)