飲み会や合コンで、気になる男性と巡りあったとき、どのようにアプローチすればいいのでしょう。

今回は、そんな疑問にお答えするべく、お酒の席での気になる男性との距離の縮め方をご紹介します。実際に、どんなことをされると親近感がわくのか、男性側の意見も聞いてみました。是非参考にしてみてください。

隣の席に座ること

「飲み会とかだと、どうしても隣の席の子とばかり話しちゃいますね。だから、自然と隣の席の子とは仲良くなることが多いですよ。」(30歳/自動車メーカー)

彼との距離を縮めるには、まず会話が成立する位置に座ること。理想は隣の席、彼の隣に座れるように頑張りましょう。もし、彼から遠く離れた席に座ってしまったとしても諦めてはいけません。彼の様子をしっかりと観察して、彼がトイレに立つタイミングに一緒に立つ、席替えのときにいたずらっぽく「私、○○君の隣に行こっかな。」と宣言する、など隣の席をキープできるように頑張りましょう。

褒めまくる

「合コンに行ったときに、すごく俺のことを褒めてくれる子がいて。服装から持ち物から話の内容まで、全部褒めてくれるんです。俺、気分良くなっちゃってすげー話しちゃって。そしたら彼女、『話が面白いから、ずっと話していたくなっちゃうよ。』なんて言ってくるもんだから、思わず『じゃあ、今度メシでも食いに行く?』って誘っちゃいました。」(27歳/医療品メーカー)

褒められて嬉しくない男性はいません。気になる男性のことはどんな些細なことでも褒めてあげましょう。誰だって自分のことを褒めてくれる人には好感を抱くもの。褒めながら、「あなたと一緒にいると楽しい」と言うことをアピールするのも忘れずに。褒めることによって彼の気分を良くしてあげて「この子といると、なんだか楽しいな。」と思わせちゃいましょう。

共通点をあげる

「飲み会で隣の席になった子と、好きなプロ野球チームが一緒だったんです。その話で盛り上がっちゃって、スタジアムデートに誘っちゃいました。」(23歳/大学院生)

「地元が一緒の子とは、周りそっちのけで、地元ネタで盛り上がっちゃいますね。」(32歳/薬剤師)

彼との距離を縮めるための最大の武器は共通点。出身が一緒、血液型が一緒など、共通点がある相手には、人間誰でも親しみを感じるものです。どんな些細なことでもいいので共通点を見つけて、そのことを話題に出してみましょう。

もしどうしても共通点が見つからなかったら、彼の趣味や得意なことを聞いて「私、それ興味があるんだ。」「やってみたいと思ってたんだ。」などと言って、共感していることをアピールするとよいでしょう。

合コンや飲み会の席は、お酒も程良く入るので打ち解けやすく、2人の距離を縮めるのに絶好の機会です。チャンスを逃さず、是非ご紹介した方法を試してみてください。

(愛カツ編集部)