「ネイティブキャンプ英会話」のイメージ。(画像: ネイティブキャンプの発表資料より)

写真拡大

 オンライン英会話を運営するネイティブキャンプは21日、同社が運営する「ネイティブキャンプ英会話」にてイギリス人など英語を母国語とする講師陣でのレッスンを開始した。

【こちらも】AIによる英会話学習はアプリからプロダクトへ

 同サービスは2015年6月より開始され、ネイティブではないフィリピン人講師などのレッスンを展開していたが、今回の講師陣追加により、サービスの拡充を図る。7日間の無料トライアルを実施しており、月額料金は4,950円(税込み)となっている。

■ネイティブ講師によるオンライン英会話

 オンライン英会話は、価格が安い分、アジア系のネイティブではない講師が担当することが多い。ネイティブキャンプ英会話も同様であったが、イギリス人講師が担当することにより、質が高く安価なレッスン受講を可能とする。

 同サービスは、イギリス人講師を中心に、フィリピン、ボスニア、セルビア等出身の講師が合わせて約2,000名おり、24時間いつでも英会話レッスンが可能だ。

■スマホやパソコンでレッスンを受講可能

 「ネイティブキャンプ英会話」は、パソコンに加えスマートフォンでのレッスンにも対応している。インターネットに接続すれば365日24時間受講ができ、予約は不要となっている。また、レッスンの回数は無制限となっており月額料金を支払っておくと何回でもレッスンが受けられる。

 Skype(スカイプ)等の外部アプリは使用せず、オリジナルのアプリが無料で配布されている。オンライン英会話で外部アプリを使わないサービスは珍しく、国内初という。

 パソコンでは、WindowsとMacの両方に対応しており、スマートフォンでも、iPhoneとAndroid両方に対応している。

■「73億人を繋いでいく」ネイティブキャンプ

 ネイティブキャンプは2017年3月に設立され、オンライン英会話サービス事業を展開している。「世界73億人を繋ぐこと」をモットーとし、海外向けのサービスも検討しており、将来的には様々な言語を様々な国の人達が教え合う「言語の学習プラットフォーム」展開を目標としている。