復帰にまだ2ヶ月以上を要するラフィーニャ

写真拡大

今日、ラフィーニャ・アルカンタラに関する正確な情報を入手するのはほぼ不可能な任務だ。
バルサからは何の発表もない上に、ラフィーニャは9月8日からシウタ・エスポルティーバに姿を現していない。

我々が確認する事ができる唯一の情報はラフィーニャ本人がSNSに投稿している、ジムでトレーニングする姿の写真や動画である。
最近の動画は22日水曜日に投稿されたもので、ラフィーニャがコーディネーショントレーニングを行っている。

ラフィーニャは2週間前から4月に彼の右膝の内側半月板損傷の手術を担当した外科のラモン・クガットのチームの下でリハビリを行っている。
当初、復帰までの期間は4ヶ月と予測されていたが、現実はラフィーニャにとって非常に厳しいものとなっている。
手術から5ヶ月半が過ぎた現在も彼はピッチに立てず、脚を強化するためにジムでトレーニングを積む日々が続いている。
感覚はまだ大きな進展を見せておらず、もし回復の傾向が見られなければ、再び手術室に向かうというオプションも幾度か検討された程である。

最終的に再手術は避ける事となり、11月末までにピッチに復帰する事を目標にリハビリ期間を最低3ヶ月伸ばす事となった。(合計9ヶ月)