スイス1部クラブ会長、カメラ前で評論家を暴行!

写真拡大

9月21日に行われたスイス・スーパーリーグ第8節、ルガーノ対シオンの試合で珍しい事件が発生した。

試合はアウェイで戦ったシオンが2-1と勝利をおさめることに成功したのだが、問題はその後であった。

シオンの会長を務めているクリスティアン・コンスタンタン氏は、テレビで解説を務めていたロルフ・フリンガー氏に詰め寄ると…。

偶然この場面はテレビカメラで捉えられており、コンスタンタン会長がフリンガー氏に平手打ちする場面が記録された。

コンスタンタン氏は地元メディアに対し、フリンガー氏が先週自分を批判していたことを指摘した。

クリスティアン・コンスタンタン

「私はこれを既に解決した。私は彼を掴んだ、そして私は彼を蹴った。

攻撃されたら、自分自身を守らなければならないのだ」

コンスタンタン会長の方針を「馬鹿げている」と批判していたフリンガー氏は、逃げようとしたときにカメラに引っかかってしまい、そして顔を叩かれたことを明らかにしたという。

ロルフ・フリンガー

「私はまだショックを受けている。このようなことが起こるとは想像もしていなかった」