中島翔哉【写真:Getty Images】

写真拡大

 ポルトガル1部リーグの第7節が現地時間22日に行われ、ポルティモネンセのFW中島翔哉が名門ポルトからゴールを決めた。

 中島は18日のフェイレンセ戦で移籍後初ゴールを含む2ゴールを記録したばかり。ポルトとの一戦に先発した同選手は36分、右サイドのパウリーニョからパスを受けてペナルティエリアに侵入すると、DFを1人かわして右足のアウトサイドでゴール左隅にシュートを決めた。

 だが、中島が得点した時点で3失点していたポルティモネンセは、後半にも2失点し、開幕から連勝を続けているポルトに圧倒される。結局、中島の2戦連続ゴールも勝ち点にはつながらず、ポルティモネンセは2-5で敗れた。

text by 編集部