「かわいい」なんて大間違い!?実は浮気性な甘えんぼ男子の特徴

写真拡大 (全3枚)



頼りがいがあってグイグイ引っ張ってくれるような男らしい男性もいいけど、愛情を示して甘えてくれる「甘えんぼ男子」もかわいくって良いかも…と思う女性は多いはず。確かに、自分にだけ弱みを見せてくれている、というのがグッとくるのかも。


でも、そんな「甘えんぼ」な男性って、実は浮気症だったりもするんです。今回は、ちょっとした仕草で「浮気性な甘えんぼ男子」を見抜くポイントをご紹介します。

■SNSの投稿が多い

誰かとつながっていないと寂しくなってしまう男性に多いパターンです。
自分の今の状態や思いを誰かに知ってほしい、気づいて欲しいという思いから更新頻度はどんどん高くなって行きます。


コメントが少なかったりすると、わかりやすく「かまって〜」「誰か電話しよ」などとアプローチしてくる人もいますし、「俺の投稿なんか面白くないよね…」のようにネガティブ発言をして気を引こうとする男性も中にはいるようです。


こういう“かまってちゃん”な甘えんぼ男性は、彼女がいても、思ったようにかまってもらえなかったり、さみしい気持ちが沸くと、すぐ他の女性に連絡をとったり、SNSで女性との絡みが濃くなってしまう恐れがあります。

■仕事の愚痴が多い



会話の中で、仕事や人間関係の愚痴が多い人は要注意。
プラスの面より、自分が気に食わない所や不満ばかりに目が行く人は、自然と発する言葉が愚痴っぽくなっていきます。


つまり、そういった男性は、付き合っている女性に対してもネガティブにその人の粗探しをしてしまいがち。「もっとこうしてほしい」「なんでこういうときに〜と言ってくれないんだ」などと、甘えんぼな彼は、自分に思うように寄り添ってもらえないと、不満なところばかりが気になってしまいます。


そうすることで、「もっといい女性がいるのではないか」と新たな女性に目が行き、他にもっと甘えられそうと思える女性が見つかれば、そちらにひょいっと乗り換えてしまう可能性を持っていることになりますね。

■高価な持ち物が多い

高級なバッグ、高級車などを所有している男性は、見栄っ張りな性質でプライドが高い人が多いようです。


そういう男性は、「認められたい」「自分はできると思われたい」という考えに偏りがち。
そういったタイプの方の中には、実際は内面に弱さを隠し持っている人も多く、見た目を華やかに飾って、その弱さをカバーしようと取り繕います。


一見強い男性に見えても、「すごいと思われたい」「褒めてほしい」という甘えんぼが実は潜んでいるんですね。


そのため、少しでもプライドを傷つけられるようなことを言われると、カチンときて怒り出したり、褒めてくれる優しい女性についなびいてしまいがち。
付き合う女性にも“横にいて恥ずかしくない人”の理想像を求めるので、綺麗な女性に言い寄られるところっとついて行ってしまう単純な側面も持ち合わせているようです。

■言い訳が多い



「〜だったから仕方ない」「〜のせいだ」など、自分の非を認めず言い訳の多い男性も、メンタルが弱く、自己防衛の強い人と言えます。


「そうね、あなたは悪くない」と、お母さんに慰めて欲しいと考える子供のような、そんな甘えんぼタイプでしょう。


自分を守ることに必死なので、自分が悪かったことに対しても素直に認められずに反抗的。
それで喧嘩になり、女性が責めようものなら、「俺のことをわかっていない!」と勢いで別れを切り出してきたり、他の女性に逃げる可能性ありです。

■おわりに

“甘えんぼ男子”にはいろいろなタイプがいることがわかります。
ちょっとドライに対応すると他の女性に走りがちですが、かと言って、甘やかしすぎると、あなたが後に苦労することも。


付き合う前でその家を感じたら、最初から近づかないようにする、というのも手かもしれませんね。(あやか/ライター)


(ハウコレ編集部)
(あかねぴ@akanepi0426/モデル)

(かしゅかしゅ@cashe_cashe2525/撮影)