2015年12月11日、松草〜平津戸間で発生した土砂流入で不通となった山田線 上米内〜川内間。同区間を含む盛岡〜宮古間は、10月中旬の斜面安定工、同下旬の軌道・信号・通信設備工事、その後の試運転を経て11月5日に直通運転を再開。区界、松草、平津戸の駅に2年ぶりに列車が発着する。

11月5日以降は、盛岡11:02発・13:51発の快速リアス(9676D・9678D)、宮古9:30発快速リアス(9679D)も運行再開。両駅間を約2時間で結ぶ。列車番号は全列車が9000番台。詳しいダイヤなどについては、JR東日本盛岡支社ホームページ「山田線(盛岡〜宮古間)運転再開について」(9月22日付)へ。

写真は2013年11月4日の宮古駅。