ポールをつかむためだけに生まれたニッチな道具が、人の心もつかんだ理由

写真拡大 (全6枚)

皆様にご紹介するのは、ポール状のモノを固定するだけの道具「ピタッとキャッチ」です。本体をビス、あるいは両面テープで固定し、左右のアームで対象を固定するという単機能製品ですが、コレが逆に用途を広げています。今回、試掃除用として試してみたところ、じつに良い動きを見せてくれました。


モップを吊るすために使ったら
汚部屋脱出の近道に!?



この「ピタッとキャッチ」は、ポール状のモノを掴むのが主な目的です。滑りにくい構造でしっかりと固定でき、モップやワイパーを収納するためにはうってつけだろうと判断した編集部では、試しに掃除道具を収納する目的で使用してみました。

引っ付けた先はIKEA人気のワゴン、「RÅSKOG」です。



IKEA
RÅSKOG
実勢価格:4999円



今回は、台の側面に両面テープで貼り付けました。それだけで、モップがじつに具合良く収まります。



かなり強い力で引っ張っても剥がれることはありません。安定感はバツグンです。



ワゴンに掃除アイテムを集合させれば、機能的で見た目も華やか。準備と片付けの手間が減り「ああ、掃除がメンドくさい」という気分が解消されました。

今回は掃除道具のベースとして活用しましたが、例えば傘を掛けるフックとして使用したり、Amazonレビューにあったようにロードバイクの台座として活用することもできます。

モノを挟むためだけに生まれたからこそ広がる使い道。なんともおもしろく、かつ可能性に溢れた製品であることは間違いありません。

皆様も、使い道が思いついたならば、ぜひお試しくださいませ!


360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。