ポータブル空気浄化機「Wynd(ウィンド)」です。

1秒間に約8リットルもの空気除去能力があり、ホコリやカビ、花粉といった有害物質を除去。もっと具体的にいえば、一般的な自動車内からだいたい10分で約70%もの有害物質を空気中から取り除いてくれるそうです。しかも、内蔵センサーが周囲の空気中の汚れ具合を色で教えてくれて、アプリと連動させるとフィルター交換時期を予測して、自動で発注までしてくれる。

スペックの話はここまで。

小さいけれど、とってもパワフルで賢いってことです。

それはもちろん大事ですが、やはりこの「Wynd」の真骨頂は、“ポータブル”って部分にあると思うんです。

500Lのペットボトルとほぼ同じサイズで、重量も約450g。

デスクやテーブルの上、車のカップホルダー(すっぽり収まります)、ベッドサイドと、日常でも一箇所に設置せずに、一緒に移動できます。また、旅行や出張に持っていけるのもいい。宿泊施設によっては空気が気になるところ、ありますよね?

バッグに空気浄化機を入れて持ち歩くーー自分が鼻炎気味なせいもあって、これは結構うれしいプロダクトです。

現在クラウドファンディングサイト『Makuake』で支援を受付中

リアルに使えるもの、使っているもの。『ビー』の記事は、毎日1本公開中です。