メキシコシティでは多くの建物が倒壊した(写真:Claudia Daut/ロイター)

9月19日、午後1時15分に、マグニチュード7.1の大地震に襲われたメキシコ中部。くしくも、この日は1985年9月19日にマグニチュード8.1の地震に襲われてからちょうど32年後にあたる日だった。今回の地震から3日が経とうとしているが、いまだに倒壊した建物の下敷きとなっている人がおり、救出作業は続いている。

メキシコシティで戦略コンサルタントとして働く私は、地震が発生したとき、ポランコ地区にあるオフィスのすぐ隣のフードコートで、同僚と昼食を取っていた。ポランコはオフィスや高級マンションが立ち並ぶ地区だ。昼食では、メキシコの独立記念日に何をするかを話し合っていた。

「湖上の街」メキシコシティの脆弱性

私はフランス出身で、これまでの人生の大半を欧州で過ごしてきたため、メキシコに来るまで地震を経験したことがなかった。この地震が起こる2週間前にも、就寝中に非常に強い地震(マグニチュード8.2)が発生したが、今回の地震は震源がより近かったため、前回の地震よりはるかに強いと感じた。実際、その被害も前回を超える大きなものとなった。

電灯が揺れ始めたので、すぐにテーブルを離れて建物から出た。周りでガラスが粉々に割れる音がし、電灯やテレビのスクリーンなどが頭上で非常に激しく揺れていた。普段から落ち着いて行動するよう教えられていたはずだが、多くの人は叫びながら走り回っていた。私自身、これまで何度か避難訓練に参加していたが、とっさのことで何をすべきか、どこへ行くべきかわからず、心から恐怖を感じた。

一方、終始落ち着いていた同僚は私の手を取って店舗のガラスのドアから離れ、天井から落ちてきそうなものがないかを確認してくれた。この地区は、ショッピングモールや企業の事務所が多くあるため、多くの警備員がおり、大きな通りでは彼らが誘導係をしていてくれた。

最悪な風景を目の当たりにしたのは、約1分間続いた揺れがおさまってからだ。あちこちで救急車やパトカーのサイレンが鳴り響き、上空をヘリコプターが飛び交い始めた。多くの人は家族や友人、愛する人に連絡をとろうと必死だったが、電話がなかなかつながらない。このとき役に立ったのは、WhatsAppやフェイスブック、ツイッターだった。

やがてフェイスブックに写真やビデオが投稿され始め、地震の強さと被害の大きさがわかるようになった。ただ、こうした災害の怖いところは、断片的な情報を得られたとしても、全体像がなかなかつかみにくいことだ。オフィスの外で1時間ほど待機した後、帰路についた。

メキシコシティの地理的な特徴の一つは、この街が湖を埋め立てて作られたということだ。つまり、地盤は極めて脆弱で、揺れがより強く感じられる。また、この街には耐震性を考慮せずに建てられた古い建物がたくさんある。幸い私が働くポランコにある建物の大半は新築で、耐震基準を満たす建物が多かった。

それに対し、私が住んでいるローマ・コンデサ地区は、極めて揺れが強かった場所の一つだった。帰宅途中、ポランコでは大きな被害をあまり見掛けなかったが、(地下鉄が止まっていたので)歩いて自宅に向かう途中、西半球最大のチャプルテペッック公園を通ったとき、初めて自分の目で被害の大きさを認識した。公園内には、重厚な彫刻がいくつも倒れて転がっていたのだ。

そして、ローマ地区に足を踏み入れたとき、ガラスや外壁の破片が散らばる建物の周囲に、警察が張り巡らせている黄色いテープが目に飛び込んできた。辺りは停電していた。幸い、私が住んでいた1930年代に建てられたビル(1985年の地震にも耐えた)は、一見したところ、ダメージはなさそうだった。ただ、すぐに中に入ることはせず、管理人と話したり、建物が倒壊しているかどうかを見極める方法をネットで調べることにした。

市民は積極的に救助活動を支援

もっとも、メキシコシティ事態の被害は深刻だった。地震直後には、ハカランダ並木が美しいメキシコシティの目抜き通り、レフォルマ通りにある建物の上階から撮影された映像では、市南部のさまざまな地域でもうもうとホコリや煙が舞っている様子や、一部では火災が発生し始めている様子を映し出していた。

別の映像は、いくつかの建物が崩壊するまさにその瞬間をとらえ、または消防署がどのように木っ端みじんに爆発したのかを映し出していた。街のあちこちで、ビルが倒壊していた。既報のとおり、その中には学校が多く含まれていて、がれきの下には子どもたちが数多く閉じ込められていたのである。親たちは、自分の子どもががれきの下にいるのか、それとも病院に運ばれたのか、運ばれたとしたらどこの病院に運ばれたのかわからず、右往左往していた。


倒壊した建物の周りには、マスコミを始め多くの人たちが集まっている(筆者撮影)

情報が徐々に増え、広がっていくにつれて倒壊した建物の周りにたくさんの人たちが集まってくるようになった。そして自発的に、生き埋めになっている人たちを救助するために、がれきを除去する作業に加わっていく。こうした情報の多くは、フェイスブックやツイッターに投稿され拡散された。そのおかげで、がれきの除去や救助作業を助ける人たちが集まり続けたほか、救助隊のための水や食べ物、シャベルや医薬品などを届けることもできた。

興味深いのは、多くの人がこうした物資を自転車やオートバイを使って届けたことだ。多くの人が、メキシコシティの交通事情をよく把握していて、物資を迅速に必要としている場所に届けるには自動車以外の交通手段がベターだと考えたためだ。


自宅付近の建物は今にも崩れそうな状態だ(筆者撮影)

執筆時点で地震から3日経っているが、今この瞬間も状況は混沌としている。支援が必要な場所についての情報が多く飛び交い、時にその情報は矛盾している。また、住民たちは、緊急車両が効率的に動けるように、無駄な外出を控えるように言われている。

私の家から1ブロック離れた建物は深刻なダメージを受けている。巨大な鉄のフェンスが車の上に落ち、多くの外壁が剝がれたのだ。近いうちに崩壊を予見させる大きな亀裂も入っている。バルコニーも建物から剝がれかけているように見え、今にも落ちそうだ。安全対策の専門家たちが訪れ、鉄のフェンスを何とか取り除こうとしている様子が窓から見える。

メキシコシティは地震対策をしてきていた

報道などによると、これまでに地震によって約270人が亡くなり、約30の建物が倒壊した。しかし、技術者たちが建物を修復したり、人々が送る建物の写真にアドバイスをしている様子を見ると、さらに多くの建物が倒壊する危険性があるといえる。

32年前に起きた地震では、約3万人が犠牲となり、5万の建物が倒壊したことを考えると、前回ほど地震の被害は大きくなかった、といえるかもしれない。過去の経験から、地震に耐えうる街を作ろうと多大な努力をしてきたことが功を奏したのかもしれない。

メキシコシティは、建築物の耐震において最も厳しい基準を採用している都市である。高層ビルは大きな揺れに耐えられる柔軟な構造となっている(ただし、政治汚職が蔓延しているメキシコでは、新築でも耐震基準を満たしていないビルが少なからずある)。

また、防災サイレンも市内の至るところに設置されており、揺れを察知した瞬間に発動する仕組みとなっている。これによって、人々は建物から迅速に避難したり、建物内で安全な場所を探すことができるわけだ。もっとも、震源からの距離や地盤の固さによって、サイレンが発動する時間が異なる場合があり、市内で同じ瞬間に一斉にサイレンが鳴るとはかぎらない。

メキシコシティでは、避難訓練も定期的に行われている。1985年の地震の式典を毎年行うのは、人々に地震への対応方法を思い出させ、教える目的も含んでいる。幸い、そして偶然にも、私を含む多くの人は、9月19日も地震が起きる2時間前、11時に避難訓練を行っていた。大企業の社員の中には、人々が建物から非難するのを手伝うボランティアチームに参加している人もいる。ショピングモールや公共の建物では、警備員がこの役割を果たす。

テクノロジーも今回の地震においては多くの役割を果たした。電話回線が切断され、多くの人が家族や友人と何日も連絡が取れなかった1985年とは対照的に、今回はメッセージングサービスを通じて誰もが家族などの連絡を取り合うことができた。いくつかの大手電気通信会社は、誰もがより情報発信をしやすくなるように、WiFiサービスを無償化している。

メキシコ人らしい「連帯感」


物資も続々と集まっている(筆者撮影)

日本の東日本大震災では、日本人が落ち着いて行動している姿に世界から称賛の声が上がった。一方、メキシコでは家を失った人や、家にいても安心できないという人に対して、自らの家を避難所として開放する人が出てくるなど、メキシコ人らしい連帯感に対して称賛の声が上がっている。医師や獣医師、土木技師、建築家なども無料でサービスを提供している。レストランでは無料の食事を提供し、一部のホテルは休憩所やシャワー施設を開放している。

また、病院もすべての患者を無料で治療している。これは、医療サービスが非常に高額で、高価な保険に加入している人しか治療を受けられないメキシコでは、特筆すべきことだ。葬儀屋も、最も悲劇的な状況に直面している人々に対して無料サービスを提供している。日本、ドイツ、イスラエル、ホンジュラス、スイスなど国際援助隊もメキシコシティに到着し、すでに支援活動を始めてくれている。

多くの人が復興のために貢献しようとしている一方、汚職事件や政治腐敗が深刻なメキシコでは、国民の間でかつてないほど政治家に対する不満が高まっているのである。こうした中、すべての政治家に対して、2018年に行われる大統領選挙に向けたキャンペーン資金などを、今回の地震の復興に充てるように求める声が出始めているのだ。

メキシコシティに住むのはずっと夢だったが、欧州に住む私の家族や友人は、犯罪や組織的暴力、汚職など、メキシコの悪い面について相当懸念していた。その中には、自然災害も入っていた。が、すべての場所にはそれなりのリスクがある。メキシコ湾周辺ではハリケーンが起こるし、アジアには核の脅威がある。ベネズエラでは政治的弾圧が行われているし、欧州にはテロの脅威がある。心配する理由を挙げればきりがない。

怖くないといったらウソになるだろう。ここ数日間は夜もろくに眠れない。実は、当初は9月22日にここを出る予定となっていた。1年前、ここにきた時に往復チケットを買っていて、そのフライトが9月22日だったからだ。

滞在を延長することを考えていたものの、地震の直後は一瞬、予定通り22日に出発しようとも思った。でもその時、なぜ私がこの街に恋をしてしまったのかを思い出した。いろいろなところで出会ったすてきで思いやりのある人たち、ぜいたくな自然、見事な景色、さわやかな晴れの日、おいしい食事とフルーツ、そして豊かな文化――。

もちろん、自然災害というリスクはある。それは承知の上だ。だが、私たち誰もが、できるだけ早く日常を取り戻したいと思っている。今回の災害は、建築物の安全基準や政治的責任、そして強固で意識の高い社会を作流ことにおいて改善の道を開いたのだ。

【9月23日11時10分追記】9月22日に帰国するとありましたが、翻訳ミスがあることがわかりましたので、修正いたしました。