いい恋愛をしたいと思っているのに、いつもうまくいかない……そんな不毛な恋愛遍歴が続いていませんか? どんなに頑張ってみても、相手ありきの恋愛だから難しいのは当然のこと。でも恋愛が難しいと感じる人たちには、ある種のネガティブパターンがあるといいます。まずはそんな自分の恋愛パターンに注意してみませんか?

1: 常に彼に対して“言い訳”を考えている自分がいる

いつも遅刻してきたり、ドタキャンをする彼。そんな彼に対して“忙しいから”、“うっかりしている性格だから”なんて彼のための言い訳や理由を考え続けていませんか? それは彼に対する優しさかもしれませんが、恋人としてフェア(対等)な関係とは言えません。彼に対して都合のいい女になっていないか、よく考えてみる必要があるでしょう。

2: 好きになったら一直線、恋の展開がいつも早すぎる

恋に対して夢見がちな女子ほど、好きになったら一直線、休日はいつも一緒に過ごそうとしたり、早々に同棲しようとしたりします。でもそんな性急さに彼はついていけず、恋愛テンションが下がってしまっているかもしれません。
長くいい関係を続けるためには、お互いちょうどいい距離感、ペースが大切です。焦りすぎないよう、スローダウンすることも覚えましょう。

3: 彼氏が途切れない、ただしいつも短命の恋に終わる

いつも彼氏がいるけど、長続きしない……というのも注意したいネガティブパターン。恋人がいない状態はさみしすぎて耐えられないと考えていませんか? でも本当に自分にマッチした相手と出会うためにはじっくり自分自身と向き合い、どんな恋がしたいか、どんな相手が自分にとってふさわしいのか、よく考えてみる必要があります。そのためにはひとりになる時間も必要。彼氏がいないひとりの時間を恐れないで!

4: 彼氏について、いつもネガティブなことしか言わない

せっかく彼氏がいても、不満や批判ばかり口に出てしまう……というのでは幸せな恋愛は難しいでしょう。相手の至らないところばかり目についてしまい、文句を言いたくなるのも分かりますが、そんなあなた自身は彼の目にどう映っているのでしょう?
恋愛だけでなく、考え方そのものをポジティブに変えてみる必要があります。彼に対しても、長所や魅力をもっと見出せるよう、言い方を工夫してみてはどうでしょうか。

5: 彼氏が変わるたび、彼の好みやテイストに合うよう自分を変えている

恋をしたら、すべて彼の好みに染まりたい、100%彼に愛される女になりたいという乙女ティックな願望を強く持つ女子は、彼氏が変わるたびに、自分自身もコロコロ変えてしまうようです。ファッションやメイク、趣味、はてはライフスタイルそのものまで……。最初のうちは彼も喜ぶかもしれませんが、だんだん物足りなく感じ、飽きられてしまうことが多くなりがち。
彼氏に振り回されず、もっと自分らしさを出せるようにしましょう。

6: 自分を好きになってくれない相手ほど、夢中になってしまう傾向がある

“手に入らない相手こそ恋心も盛り上がる”というちょっと困った嗜好をお持ちの方、振り向いてくれない相手だからこそ、恋心がますます募り、好きになってしまう、あるいは好きだと思い込んでしまうというのは大変キケンです。
一方通行な恋こそがピュアな恋愛だなんて幻想は早く捨ててしまいましょう。愛し、愛される幸せな関係、それは誰にとっても可能なはずです!