UEFA【写真:Getty Images】

写真拡大

 欧州サッカー連盟(UEFA)が20日、2018年9月から新しく始まる「UEFA ネーションズリーグ」の概要とルールを発表した。

 この大会にはUEFA加盟55協会の代表チームが参加する。10月に行われる2018年W杯欧州予選が終了後、UEFAランキングに応じてA〜Dのリーグに分けられる予定だ。上位ランクから順にリーグAへ12ヶ国、リーグBに12ヶ国、リーグCに15ヶ国、リーグDに16ヶ国が入る。

 さらに、リーグAとリーグBは3チームからなる4グループ。リーグCは3チームからなる1グループと4チームからなる3グループ。リーグDは4チームからなる4グループに細かく分けられる。リーグAの各組首位4チームが2019年6月に開催される準決勝に進出。その後、決勝戦と3位決定戦が行われる予定だ。

 A〜Dのグループは昇降格制度が用いられており、A〜Cの最下位が一つ下のリーグに降格。B〜Dの首位が一つ上のリーグに昇格する形となっている。組み合わせ抽選会に関しては2018年1月に開催。また、ネーションズリーグは親善試合の日に当てられるため、日本代表が欧州の代表チームと対戦することが極めて難しくなることも想定される。

text by 編集部