クリスティアーノ・ロナウドの得点力からインスピレーションを受けた新スパイク「第5章:Cut to Brilliance」

写真拡大 (全2枚)

▽ナイキは、クリスティアーノ・ロナウドの得点力からインスピレーションを受けた新スパイクを発表した。

▽2009年の夏、クリスティアーノ・ロナウドは、当時世界最高額とされる8000万ポンド(9400万ユーロ)の移籍金で現在のクラブに加わりました。少なくとも80,000人のファンがマンチェスターからマドリードへの移籍を歓迎する列に加わった。「到着した時にはとてもたくさんの人が、スタジアムの中にとどまらず外にも見られました。マドリードのパワーを感じる、特別な1日でした。」と、C・ロナウドは振り返る。

▽クラブに加わり、C・ロナウドは最初の試合でのゴールを皮切りにスコアを決め続け、50、150、200、250得点などのあらゆる累積リーグ得点記録を最速で塗り替え続けている。さらには、ラ・リーガで1シーズンに全てのチームを相手にスコアを決めた、最初のプレイヤーになるという記録も作っている。

▽彼がピッチで見せる、ダイアモンドのように輝くプレーから、第5章:Cut to Brilliance (=輝きを磨け)スパイクはインスピレーションを受けている。

▽このスパイクは、白地にダイアモンドからインスピレーションを受けたグラフィックを描き、光をうけて輝きを放つ。アッパーに使用したマルチカラーのニットはダイアモンドが光を放ち様々な色あいを見せる点を表現したもの。スパイクの内側側面には立体感をつけたCR7のロゴがダイアモンドのグラフィックに手触りを加え、ヒールカウンター部材にはダイアモンドを上から見たようなグラフィックを用いるとともに、ロナウドのマドリードデビューの日を記している。高めのかかとには“El Sueño Del Niño” (子供の時に夢見たこと)と、C・ロナウドがナイキデザインチームに語った、新しいチームに加わった時の感慨を書き込んでいる。

「白いブーツのディテール、色遣い、ダイアモンド、全て美しくてクールに仕上がっています。これを見るみんなが気に入ってくれると確信しています。」とC・ロナウドは語った。

▽第5章: Cut to Brilliance は9月29日にnike.comから発売される。