自由が丘「also Soup Stock Tokyo」で北欧の食と暮らしを楽しむ

写真拡大 (全3枚)

いま、世界中が注目している北欧グルメも堪能できる、「北欧の食と暮らし」にスポットをあてたイベントが自由が丘の「also Soup Stock Tokyo」にて、9 月23日(土)〜 10 月1日(日)の期間限定で開催されます。
「ヤンソンさんの誘惑」を食べる
その名も『北欧の食 ときどき 大蚤の市』。「休日のスープストックトーキョー」がコンセプトの食べるスープとワインのお店、「also Soup Stock Tokyo」でのイベントなので、やはりスープメニューが気になります。
そこでぜひ味わいたいのが、北欧の景色から生まれたという期間中限定の「白夜のスープ」(税抜880 円)。短い夏の間、日の沈まない北極圏の幻想的な風景からインスピレーションを受けたアートスープだそう。
さらに北欧料理の王道ともいえるミートボールやサーモンスープ、またベジタリアンのヤンソンさんも思わず誘惑されたという「ヤンソンさんの誘惑」や、「ハッセルバックポテト」などをalso 風にアレンジした北欧料理と、さらに北欧の食文化と日本の発酵や保存の知恵を重ね合わせた特別メニューもあるとか。それら魅惑的な料理を彩るのが、北欧フィンランドのリビングウェアブランド「iittala」の食器。また店内では、デンマークの王室御用達ブランド「レ・クリント」の照明たちが幻想的な雰囲気を醸し出してくれます。
蚤の市、ワークショップ、トークイベントも
見るとつい集めたくなる、おしゃれな北欧の食器や雑貨が買える「北欧大蚤の市 〜キルップトリ〜」も金土日限定で開催。
「北欧と和」をテーマにした新業態の雑貨店「POLARIS by SCANDEX」のセレクトで「iittala」の食器を中心とした、北欧の食器やリビングウェアが並びます。デッドストックから、1 点1点買い付けられたヴィンテージまでそろうから、運命のひと品に出会えそう。
また毎月店舗で開催している「おいしい教室」の北欧特別編となるワークショップとトークイベントも開催。北欧の料理とお酒をコース形式でいただけ、さらに北欧に詳しいゲストのトークも楽しめます。参加費は各5,000円(料理・食事つき)。詳細や申込方法はこちらのサイトまで。食からモノ、コトまで、北欧の魅力がいっぱいつまった「北欧の食 ときどき大蚤の市」。憧れの映画『かもめ食堂』を思い出しながら、気の置けない友人と一緒に訪れたいイベントです。

【also Soup Stock Tokyo】(オルソ スープストックトーキョー)所在地:東京都目黒区自由が丘1-26-13 POOL電話・FAX 番号:03-6421-4391営業時間:11:30 〜 22:30(LO.22:00)客席数:41 席(1F 12 席 2F 17 席 屋上テラス 12 席)
【北欧の食 ときどき 大蚤の市 開催概要】所在地:東京都目黒区自由が丘1-26-13 POOL開催期間日:2017年9月23日(土)〜 10月1日(日)※大蚤の市は :9月23(土)、24(日)、29(金)、30(土)、10月1(日)11:30 〜 17:00営業時間:11:30 〜 22:30 (22:00 LO)