「昨年のよい状態に近づいている」準決勝進出を決めたケルバー [東レPPO]

写真拡大

「東レ パン・パシフィック・オープン」(WTAプレミア/東京・有明コロシアムおよび有明テニスの森公園コート/本戦9月18〜24日/賞金総額100万ドル/ハードコート)のシングルス準々決勝で、第2シードのカロリーナ・プリスコバ(チェコ)を7-6(5) 7-5で倒した第7シードのアンジェリック・ケルバー(ドイツ)。

 今大会は、全米オープンでは敗れていた大坂なおみ(日清食品)に1回戦でリベンジし、2回戦で成長著しいダリア・カサキナ(ロシア)を倒し、今日は全米終了前までランキングトップだったプリスコバも退けた。

 プリスコバも今大会には万全の状態に仕上げており、お互いが鋭いウィナーを決め合う、非常にハイレベルな戦いとなった。第1セットはともにひとつもサービスゲームを落とすことなく、タイブレークにもつれる。タイブレークも一進一退の攻防となり、6-5でプリスコバのサービスから激しい打ち合いをケルバーが制し、第1セットを奪った。

 第2セットも6-5までお互いサービスキープが続き、ふたたびタイブレークにもつれるかと思われた。しかし、プリスコバのサービスゲームでケルバーが先手を取り、15-40でマッチポイントを迎えた。絶体絶命の状況でプリスコバが高い集中力を発揮し、2ポイント連取でデュースに持ち込む。その後、ケルバーは2度のマッチポイントを生かせず足踏みするが、5つ目で相手の体勢を崩す鋭いショットでミスを誘い、この試合に競り勝った。

「ブレークは一度だけで競ったいい試合だった。私にもチャンスはあったけど、大事なポイントで彼女が素晴らしいプレーを見せた」とプリスコバは試合を振り返った。実際、5度あったブレークポイントをひとつも生かせず、最後のゲームでこの試合唯一のブレークを許し、敗れた。

 ケルバーにとっては、自信を取り戻す大きなきっかけになったようだ。「今年は昨年に比べて安定感を欠いているけど、今は自分のプレーをもう一度探し求めているところ。今日のパフォーマンスは、昨年のいい時期にかなり近づいている」と手応えをつかんだ。昨年2つのグランドスラムを獲得した元女王は、今大会をきっかけに復活し、ふたたびトップ争いに加わりそうだ。

テニスマガジン/編集部◎池田晋)

※写真は「東レPPO」準々決勝でプリスコバを倒したケルバー
Photo:TOKYO, JAPAN - SEPTEMBER 22: Angelique Kerber of Germany celebrate winning in her quarter final match against Karolina Pliskova of Czech Republic during day five of the Toray Pan Pacific Open Tennis At Ariake Coliseum on September 22, 2017 in Tokyo, Japan. (Photo by Koji Watanabe/Getty Images)

東レ パン・パシフィック・オープン|公式

WTA(女子テニス協会)大会ページ|公式