帰宅時に起きた「一瞬の出来事」のマンガに注目が集まっています。

帰宅時に起きた「一瞬の出来事」

マンガを投稿しているのは、あやりり@ひともつ倶楽部ブロガーさん(@ayariri_motu)。

Twitter/@ayariri_motu

最近、友達とお酒を交えて楽しい時間を過ごした夜のこと。

あやりりさんの自宅は、最寄り駅から徒歩約20分の距離。普段は自転車を使いますが、雨天で飲酒もしていたので歩くことにしたそうです。

タクシーも考えましたが、ワンメーターの短い距離だからと乗りませんでした。

Twitter/@ayariri_motu

途中の暗い道に入るとスマホのライトを点灯し、LINEをしながら家路を歩いていました。

そして、自宅に着いて玄関に一歩入り、荷物を降ろそうとした瞬間…。

Twitter/@ayariri_motu

誰かが自分の腰をつかむ

誰かの両手が自分の腰をつかんできました。

Twitter/@ayariri_motu

あやりりさんが、後ろを振り返ってみると…。

Twitter/@ayariri_motu

背後には見知らぬ細身の男が立っていました。

とっさにあやりりさんは「えっ…だれっ!!!」と言って悲鳴を上げたそうです。

Twitter/@ayariri_motu

悲鳴に驚いたのか、男は走って逃げて行きました。

すぐにドアを閉めて施錠し、110番に通報したあやりりさん。恐怖の中、怯えながら起こった出来事を伝えて警察に来てもらったそうです。

Twitter/@ayariri_motu

性犯罪の被害者に

後日、あらためて警察署に向かい被害届を提出。その時「性犯罪の被害者」になってしまったことが判明し、ショックを受けたとのこと。

「うかれて夜道を歩いていた」といい、後ろをつけられていたことにまったく気が付きませんでした。

Twitter/@ayariri_motu

Twitter/@ayariri_motu

行動を振り返ると、「駅から1人で歩いて帰った」「歩きスマホをしていた」「一度も後ろを振り返らなかった」「すぐドアを閉めてカギを掛けなかった」など、油断していた点が多かったと語ります。

腰を触られたあやりりさんですが、最悪の被害を免れたことに「ただ、運が良かっただけです。同じ恐怖を味わってほしくない」と強調します。

Twitter/@ayariri_motu

どこか他人事だった性犯罪が身近に

帰宅時に起きた「一瞬の出来事」について、あやりりさんはこう語っています。

マンガを描いた理由は、やはりこのような事件は実際に起こっているという事をみんなに伝えて注意して欲しいと思ったからです。

この手口は大学生の時に、実際に警察や大学から注意喚起を受けていましたが、やはり他人事のように捉えていたと思います。

あらためてマンガにすることで自分の気持ちを整理したかったのと、とにかく今は個人でもTwitterのように発信する機会があるので、直接、注意喚起をしたいと思いました。

「性犯罪は思い出したくない」「もう忘れたい」という思いから泣き寝入りしている人も多いはずです。でも、実際に事件は起きています。

マンガで体験談を描けば読まれやすく、また本人の実体験になるのでリアルに「怖い!!」と感じられて、伝わりやすいと思いました。とにかく身近にある事だということをみんなに知ってもらい、こんな思いを誰にもして欲しくないと思ったんです。

私もこれだけで性犯罪に当たるとは認識していなかったため、被害届を出して性犯罪の被害者になった事をあらためて実感しました。「せいぜい不法侵入とかかな?」と思っていました。

マンガではすぐに110番をしていますが、実際はパニックのあまり「ケガもしていない、鍵もかけて今は安全が確保されてる、これで110番していいのか?」と考えてしまいました。

110番の前に緊急性のない被害相談について検索し「#9110」というところに連絡しています。「命の危険がないのに救急車を呼ぶ人」が頭に浮かんでしまったからです。そこで「それは110番に通報してください」と言われて、ようやく警察に通報しました。

一歩間違えれば本当にこれだけでは済まなかったと思います。警察も思ったよりもしっかり対応してくれました。

Twitter上での反響には心ないコメントも見られました。

体験談のマンガは比較的拡散されやすいため、ある程度は覚悟していましたが完全に予想のはるか上をいきました。

また、普段よりも反響が多いかもしれないということは、事前に想像ができていたので良くも悪くも予想の範囲内のコメントでした。しかし「自業自得だろ」「自分が悪い」という言葉を見ると、やはり傷つきます。

でも、それを踏まえても、それ以上に「同じ経験をしました」「気をつけます!」「娘に、嫁に伝えます!」「勇気を出してくれてありがとうございます」といったコメントを見ると、ツイートをした意味があったと思います。

ただ、これ以上の暴行を受けていた場合は、さすがにツイートはしていなかったと思います。被害者が発言して世論に傷つくというのは、こういうことなんだなと実感しました。

女性が夜道を一人で歩くことの危険性がリアルに伝わってくる作品ですが、真に悪いのは犯罪者であることを忘れてはなりません。

ツイートは、3万8000件以上リツイートされています。

※この記事のツイートと画像はあやりり@ひともつ倶楽部ブロガー(@ayariri_motu)さんの許可を得て掲載しています。