フラッグシップはダテじゃない!まさに“マシン”なハイスペックチェア

写真拡大 (全6枚)

夏から秋へ、季節の変わり目はなんだか体調が優れないということ、ありませんか。そんな時の強い味方がマッサージチェアです。身体は人それぞれで違いますから、いかに細やかな機能があるかがマッサージチェア選びのポイント。今回登場したものは自動コースを22種類も搭載。コリや疲れに合わせて様々な機能を使い分けできますから、身も心もスッキリしますよ。

健康機器メーカー、フジ医療器から登場したのは「リラックスソリューション マッサージチェアSKS-6900」。64万8000円と決して安くない価格ですが、同社のフラッグシップモデルというだけありその機能はかなりのもの。

疲れやコリの状態、ニーズに合わせて選べる自動コースをなんと22種類も搭載しています。全身を長時間かけてもみほぐす30分専門コースが5種類、16分コースは17種類が揃いますから、じっくり疲れをとりたい時、ささっと揉みほぐして欲しい時など、状況に合わせて使い分けられるのがいいですね。中でも気になるのは「シエスタコース」(30分)。低速のもみ動作と低速のエアー給気でじわじわと押し込むような “もみ” を味わえるそうですから、これは「シエスタ(昼寝)」してしまいそうです。

さらに、7分間のミニ自動コースも。もみほぐすことを重視した「部位集中マッサージ」には、今回新たに膝下から足裏をしっかりとほぐす「脚集中」を追加し、6種類ものコースをラインナップ。身体を引き伸ばして心地良くほぐす「部位集中ストレッチ(3種類)」、身体の軸となる体幹や骨盤周りの筋肉をケアする「体幹ほぐし技(3種類)」など、どれも全部試してみたい!

疲れが出やすい足裏には「足裏つかみ指圧」を。足首から甲を押さえるエアーバッグと足裏の専用ローラーを組み合わせ、足裏をつかんで指圧するようなマッサージを行います。専用ローラーは土踏まずから足裏の外側にかけて伸ばし広げるようにほぐします。

ほかにも腰回りやお腹周りを温める「即熱マルチヒーター」や足裏の血行促進をサポートする「足裏ヒーター」、手技のようなもみ心地の「もみ玉」や「ストレッチ」など、至れり尽くせり! 忙しくて整体やマッサージ店に通う時間がないという方、ご自宅に一台投入するのもいいかもしれません。

>> フジ医療器「リラックスマスター AS-690」

 

(文/&GP編集部)