レスターの岡崎慎司 photo/Getty Images

写真拡大

レスター・シティのサポーターも日本代表FW岡崎慎司のことを認めざるを得ないだろう。昨季まで岡崎は得点力に欠けると指摘されてきたが、今季はスタートから快調だ。開幕戦から2試合連続でゴールネットを揺らすと、19日のカラバオ・カップ3回戦のリヴァプール戦でも得点を記録。開幕節のアーセナル、そして19日のリヴァプールと強豪相手に決めていることも特徴的で、今季の岡崎は一味違うと感じさせられる。

レスターは23日にリーグ戦でもう1度リヴァプールと対戦することになっているが、サポーターも岡崎の先発を求めているようだ。地元紙『Leicester Mercury』はリヴァプール戦にどの11人で臨んでほしいかアンケートを取っているが、注目の前線ではジェイミー・バーディと岡崎のコンビを選んだ人が最も多いという結果になった。

前節のハダーズフィールド・タウン戦ではバーディと新加入のケレチ・イヘアナチョのコンビを希望するサポーターが多かったのだが、リヴァプール戦のパフォーマンスを考えると岡崎をスタメンにチョイスするのは当然だろう。リヴァプール相手にもう1度同じパフォーマンスを見せてほしいと願うサポーターは多いはずだ。しかも今回はバーディがコンディションに問題を抱えていると見られており、ますます岡崎の重要性は増している。

結局は、バーディと岡崎の2トップに戻ってくる。昨季からレスターはこれを繰り返しているが、やはりこの2トップがベストな組み合わせなのか。その答えをもう1度リヴァプール相手に見せてほしいところだ。