トップ2シード、バウティスタ アグート、ツォンガがベスト8へ [サンクトペテルブルク・オープン]

写真拡大

 ロシア・サンクトペテルブルクで開催されている「サンクトペテルブルク・オープン」(ATP250/9月18〜24日/賞金総額100万ドル/室内ハードコート)のシングルス2回戦で、第1シードのロベルト・バウティスタ アグート(スペイン)、第2シードのジョーウィルフリード・ツォンガ(フランス)らが勝ち、ベスト8が顔をそろえた。

 バウティスタ アグートは、ロジェリオ・ドゥトラ シルバ(ブラジル)に6-4 4-6 6-0で勝利。彼は準々決勝で、第7シードのビクトル・トロイツキ(セルビア)と対戦する。トロイツキはギド・ペラ(アルゼンチン)を7-6(3) 4-6 6-4の接戦の末に振りきって勝ち上がった。

 また、リカルダス・ベランキス(リトアニア)は第5シードのフィリップ・コールシュライバー(ドイツ)が試合開始前に棄権したため、不戦勝でベスト8へ進んだ。ベランキスは準々決勝で第3シードのファビオ・フォニーニ(イタリア)と対戦する。フォニーニはベテランのミカエル・ユーズニー(ロシア)に6-4 4-6 6-4で競り勝った。

 第2シードのツォンガは、ジョアン・ソウザ(ポルトガル)を7-6(1) 3-6 6-2で破ってベスト8へ。彼は準々決勝でヤン レナード・ストルフ(ドイツ)と対戦する。ストルフは同日の2回戦でトーマス・ファビアーノ(イタリア)を6-1 6-4で下していた。

 もうひとつの準々決勝は、水曜日に試合を終えていたダミアー・ジュムホール(ボスニアヘルツェゴビナ)とリアム・ブローディ(イギリス)の顔合わせとなる。(C)AP(テニスマガジン)

※写真は「サンクトペテルブルク・オープン」で準々決勝に進んだ第1シードのロベルト・バウティスタ アグート(スペイン)(写真◎Getty Images/全米で撮影)
Photo: NEW YORK, NY - AUGUST 30: Roberto Bautista Agut of Spain reacts against Andreas Seppi of Italy during their first round Men's Singles match on Day Three of the 2017 US Open at the USTA Billie Jean King National Tennis Center on August 30, 2017 in the Flushing neighborhood of the Queens borough of New York City. (Photo by Elsa/Getty Images)