男性が女友だちから恋愛の相談をされるとき、気を使って言えないのですが内心では「諦めたら?」と思っていることは多々あります。特に「出会いがない」ということを言われた時は「あなたに問題がある」とは口が裂けても言えません。面と向かって厳しいことを言うのは難しいのです。

今回は、男性が「出会いを遠ざけてるな」と思う女友だちの特徴3選をご紹介したいと思います。

文・白武ときお

【みんなの恋テク】

男性が「出会いを遠ざけてるな」と思う女友だちの特徴

1.男の批評眼が鍛えられ過ぎ

「男を見る目が厳しい子は、難しいだろうなと思う。出会った瞬間に、どういうタイプか見わけて自分でブレーキをかけちゃうから」(27歳・貿易)

男性のことをだいたいわかったつもりになって批評するスタンスの女性は多くいます。「あの靴見た?」「喋り方がチャラい」なんて、批評するのは簡単です。そして女子会でもウケます。しかし、そんなことを言えるほど、自分はすごいのか。棚上げしているんじゃない?というのが男性の本音です。

2.フットワークが重い

「飲み会とか男がいる場所に出かけていかないと、出会いなんてあるはずがない。いつもの安定のメンバーで飲んでても、同じ話の繰り返しだと思う」(26歳・保険)

出会いがないと言いながら、飲み会の誘いは断る。自分は気心の知れた安全なメンバーでしか遊ばない。紹介してと言うけど、選り好みがすごい。そんな女性は、紹介するほうもやる気をなくすので、結果出会いを引き寄せられません。付き合う人が変われば、自分も変わっていきます。まずは、あなたのまわりの飲み会番長に声をかけて、無駄打ちになるかもしれない飲み会に参加していきましょう。

3.一発逆転を狙いすぎてる

「しばらく恋人がいないからって、ハードルがあがっている女の子がいる。一発逆転を狙って、見送ってるけどそのまま行き遅れそうで怖い」(28歳・建築)

ここまで彼氏がいなかったんだから、次付き合う人はすごくいい人じゃないとやってられない! 大物を釣り上げてやる! と意気込んでる女性がいます。しかし、恋愛能力が低いために彼氏がいなかったので、一発逆転するのは難しいことくらいちょっと考えればわかります。自分の身の丈にあった相手を探していきましょう。

プライドが高すぎです。

出会いを遠ざけている人は、自分ではなかなか気がつけません。プライドが高い傾向にあるので、まずは自分の置かれている状況をきちんと考えるべきです。周りの人が自分に男性を紹介したくなるようにするにはどうしたらいいのか、客観視する癖をつけていきましょう!

©hoozone/Gettyimages©AlexVolot/Gettyimages

※2017年9月22日作成