チェルシーに所属するイーサン・アンパドゥ【写真:Getty Images】

写真拡大

 現地時間20日にリーグ杯3回戦の試合が行われ、チェルシーはイングランド2部のノッティンガム・フォレストと対戦し5-1の勝利をおさめた。9月14日に17歳の誕生日を迎えたばかりのウェールズ代表DFイーサン・アンパドゥがこの試合でトップチームデビューを果たしている。

 ノッティンガム戦でベンチ入りを果たしたアンパドゥはセスク・ファブレガスとの交代でピッチに登場した。チェルシーを率いるアントニオ・コンテ監督は「アンパドゥは若い選手だが、才能は素晴らしいものを持っている」と評価している。

 当時16歳だったアンパドゥは、今年6月に行われた2018年ロシアW杯欧州予選に初招集され話題を呼んだ。15歳の時にイングランド4部のエクセター・シティでプロデビューを果たし、今夏の移籍市場でチェルシーに加入。17歳ながらチェルシーU-23の主力センターバックとして活躍し、今回初めてトップチームの試合に出場している。

text by 編集部