<ロヒンギャ難民を取材中のミャンマー人記者が、バングラデシュで逮捕されて2週間。安否が気遣われている。報道に制限がかかればいちばん困るのはロヒンギャだ>

ミャンマーのイスラム系少数民族ロヒンギャの人々が、ミャンマー軍の無差別攻撃から逃れて隣国バングラデシュに大挙して逃れるなか、バングラデシュで取材を続けていたミャンマー人記者がスパイ容疑で現地警察に逮捕されていたことが明らかになった。

「国境なき記者団」(RSF)やミャンマーのメディアが9月20日に伝えたもので、バングラデシュ南東部のコックス・バザールという町でロヒンギャ難民を取材していたミャンマー人フォトジャーナリスト、ミンザヤール・オー記者とアシスタントのクン・ラット記者の2人が9月8日に地元警察に逮捕された。

ミャンマーでは8月25日に西部ラカイン州でロヒンギャ武装集団によるとされる警察署襲撃事件をきっかけに軍による掃討作戦が続き、ロヒンギャ族の殺害、暴行、家屋放火などが続いている。このためこれまでに約40万人がバングラデシュに避難する事態となっており、ミャンマー政府は「人権侵害」「民族浄化」などと国際社会から厳しい非難を浴びている。

誤情報、観光ビザそしてスパイの容疑

ドイツの雑誌「GEO」の取材のためバングラデシュ入りして、ロヒンギャ難民の取材を続けていたミャンマー人記者の2人は、7日に逮捕されてから一度首都ダッカに連行されて秘密の取り調べ尋問を受けた後、コックス・バザールの警察署に戻され、現在は同署に拘置されているとみられている。

RSFや地元の弁護士などによると、2人に対する逮捕容疑は複数あるという。まず「誤った情報の流布」で、ロヒンギャ族の難民に関して「事実に基づく正しい報道をしていない」というもの。次が「誤った資格での活動」で、本来バングラデシュでの取材報道活動には外国人報道関係者は「ジャーナリストビザ」の取得が必要だが、2人は「観光ビザ」で入国し取材・報道に携わっていたという容疑。

そして最後が「スパイ容疑」でコックス・バザールの地元警察署長によると「2人はミャンマー当局のためにロヒンギャ難民の情報を収集していた疑いがある」という。バングラデシュではスパイ罪は最高で禁固5年が科せられる可能性がある。

2人の記者との面会が実現していない地元の弁護士によれば「誤った情報の流布」容疑は実態も根拠も不明であり、観光ビザでの取材活動は「軽い罪に過ぎない」、「スパイ容疑も証拠がない」などとして保釈を申請したものの、9月19日に保釈申請は却下されたといる。このため現在2人の安否が非常に気遣われる事態となっている。

大塚智彦(PanAsiaNews)