【TGS2017】『PUBG』50人参戦のオフラインパーティーフォトレポ!―ドン勝をゲットしたのは…あの人!

写真拡大 (全17枚)

Samsung SSDは、DMM GAMESと協力し、PC向けバトルロイヤルゲーム『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS(PUBG)』のオフラインパーティー「『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』FESTIVAL 」を9月21日に「東京ゲームショウ2017」の会場にて開催しました。

このイベントでは、「Masuo」「水沢柚乃」「堀内華央理」「Rainbrain」「冷食(GUNTWINS)」「CHIHIRO(GUNTWINS)」「てんちむ」「masko」のほか、Game*Sparkでお馴染みの「えれ子」「SouL」といった10名のゲストプレイヤーと、40名の一般参加者が壮絶なバトルロイヤルを繰り広げます。今回は、そんな同イベントの様子をフォトレポートにしてお届けします。

本イベントのMCはみいこ氏が、実況はNottinTV氏が担当しています。
今回のイベントは、電磁パルスの縮小スピードが1.2倍になるなど、スピーディーな展開が予想されるルールが設けられていました。
「Game*Sparkを代表して戦いたい」と筆者に語ってくれたSouL氏、多くのプレイヤーが縮小していくバトルエリア内に集まっている中、彼はバトルエリア外でアイテムを拾う作戦を取っていました。
DMM GAMES版限定スキンであるドン勝Tシャツが登場!
同会場には50台のゲーミングPCがずらりと並んでいました。この光景はなかなか見られません。
試合が進行するにつれて次々と倒されていくプレイヤー達
この試合では、小屋に立て篭もるプレイヤーに対して、車で出口を封鎖した後、破壊して閉じ込めるという高等テクニックも飛び出しました。
今回、見事ドン勝をゲットしたのは、我らがSouL氏!
学生であるSouL氏は、このイベントに参加するにあたって、学校の先生や友人、恋人の理解が欠かせなかったのだとか。同氏は、そんな彼らに感謝の言葉を送っていました。
じゃんけん大会で参加者にプレゼントされた「ドン勝Tシャツ」。これを着て『PUBG』をプレイしたいものです。
ゲストプレイヤーの集合写真。皆さん、とても良いプレイをしてくれました!
◆◆◆◆ ◆◆◆◆ ◆◆◆◆
海外だけではなく日本国内でも大いに盛り上がっている『PUBG』のオフラインイベント。今回は、50人による白熱した対戦模様を見る事が出来ました。今後さらに『PUBG』プレイヤーの国内人口が増加すれば、100人によるオフラインイベントの実現も可能なのかもしれません。そんな日を期待して待ちましょう。