【TGS2017】国内外の注目作が集う「スクウェア・エニックス」ブースレポート

写真拡大 (全11枚)

9月21日から9月24日まで開催中のイベント「東京ゲームショウ 2017」。本記事では、国内外から多くの人気/注目タイトルが揃った「スクウェア・エニックス」のブースレポートをお届けします。

国内外のタイトルを多数抱えるスクウェア・エニックスブースでは、『FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION』や『いただきストリート ドラゴンクエスト&ファイナルファンタジー 30th ANNIVERSARY』『聖剣伝説2 SECRET of MANA』を始め、Ubisoft やベセスダ・ソフトワークスといったスクウェア・エニックス パートナーズ関連タイトルも出展。

とりわけ、ベセスダ・ソフトワークス(開発Tango Gameworks)の『サイコブレイク 2』では、実際に試遊ができる特別なエリアが用意(撮影禁止とのことでした)されるなど、様々なゲーマー層に訴求するような力強い作品群がラインナップされている、という印象でした。

また、『FINAL FANTASY XIV』のコーナーには常に人だかりが出来ている状態で、ゲームと同じく、盛り上がりを感じさせていました。スクウェア・エニックスブースはホール6に位置しているほか、ホール9にはグッズショップも展開しているので、気になる方は足を運んでみてはいかがでしょうか。

スクウェア・エニックスの東京ゲームショウ2017特設サイトでは、さらなる詳細が確認できます。