お付き合いが長くなってくると自然と結婚を意識するのが女性ですが、
なかなか男性はそうはいかないもの。
付き合いが長くなるほど結婚に踏み出さない場合は、ちょっと意識させましょう。

友達の結婚の話をする

友達が結婚する話や、結婚した友達の話は自然と自分たちのことを振り返るのに使えます。
結婚する友達がどれくらいの交際期間だったか、と言う話をそれとなく振れば、
自分たちもそろそろなのかな? ということに気づいてくれるかもしれません。

結婚した友達のラブラブな話や、
結婚したからこそ楽しめる時間などについてのメリットを話すのも良いですね。
結婚した後の生活に期待や楽しみを持たせるのも重要です。

二人の○年後の想像をしてみる

長く付き合ってきた二人なら、過去の思い出や楽しかったこと、
出会った頃の話をするのもロマンチックなものです。
その機会に、今度は将来について話してみるのも、結婚を意識させるのに効果的です。
「付き合って○年になるけど、○年後は何をしているんだろうね?」などと言って、
二人の未来について思いを馳せさせてみましょう。
男性にも漠然と何歳までには結婚したいと言う人生設計があるはずです。
その時にそばにいるであろう彼女なら、結婚も意識するでしょう。

子供や家族の話をする

子供や家族の話をするのは自分の家庭を想像させるいいきっかけになります。
デートで可愛らしい子供の姿を見かけた時に、
「可愛いね」と言って反応を見てみたりするのもいいでしょう。

また、自分の家族の話や彼の家族の話しはお互いの結婚観を知る上でも重要です。
どんな家族像を持っているのか分かれば、結婚へのアプローチも見えてくるかもしれませんね。

おわりに

長く付き合っている彼は居心地が良くなって、
なかなか結婚に踏み出さないケースも多いです。
そんな彼には具体的に二人の将来像を想像させるのが、結婚を意識してもらうには重要です。
同時にある程度目途を付けて危機意識を持たせるのも効果的。
時には「そろそろ結婚も考えたいから二人の関係を見直したい」という姿勢も必要です。

(愛カツ編集部)