ミランのケシエ photo/Getty Images

写真拡大

レオナルド・ボヌッチ、ハカン・チャルハノールと、今夏ミランは世界的に名前の知られた実力者を揃えた。その大型補強の中で最も期待されていたのは恐らくユヴェントスから引き抜いたセンターバックのボヌッチだろうが、伊『Calciomercato』は今夏の補強で最も大きかった存在として別の選手の名を挙げている。

それはアタランタから獲得したフランク・ケシエだ。ケシエはまだ20歳と若い選手だが、ミランではすっかり即戦力だ。身体能力が非常に高く、パワー勝負でも負ける機会は少ない。加えてチームではPKキッカーを任されるケースもあるなどメンタルの強さも特徴的だ。

今のところケシエと同じような働きができる選手はミランに存在せず、まさに唯一無二だ。リーグ戦でも開幕から5試合全てに先発出場しており、指揮官ヴィンチェンツォ・モンテッラの信頼も勝ち取っている。同メディアはケシエのパワー、奪取力ならボヌッチの代わりも務められるはずと伝えており、最終ラインでも十分に任せられる能力があると絶賛している。

ケシエはミランが早くから目をつけていた選手だが、今夏の補強で最も効果的だったと言えるかもしれない。20歳という年齢を考えるとさらに成長できるはずで、数年後には世界を代表するMFにまで評価を高めることも可能だろう。