【札幌vs新潟プレビュー】札幌はチャナティップら新戦力がフィット…新潟は小川佳純がパスワークの軸

写真拡大

■北海道コンサドーレ札幌 ホームでは7勝3分3敗で、FC東京や浦和にも勝利

【プラス材料】
 まずはホームゲームであるという部分が絶対的なプラス材料。今季ここまでアウェイでは未勝利だが、その分、ホームでは7勝3分3敗と戦績は良く、FC東京や浦和、磐田といった上位をも下してきた。この試合でもホームの大歓声を武器に、チームの力を存分に発揮できるはずだ。

 ここ最近はおおよそメンバーが固まりつつあり、それに伴って細かな連係も高まってきている。ジェイ、チャナティップ、石川直樹ら夏に補強した選手たちも大きな違和感なく周囲とうまく絡めているため、この部分はプラス要素と言える。

 また、最終ラインは負傷離脱者がすべて全体メニューに復帰し、層の厚みを感じさせている。この部分はこの試合はもちろんだが、残り試合で勝点を積んでいくうえで大きなプラス材料だ。

【マイナス材料】
 今週はDF福森晃斗が股関節を痛めて別メニューとなっていた。この選手のパス配球はもちろん、プレースキックはチームとしての絶対的な武器とも言える部分なので、出場可否はもちろん、その状態も気になるところ。苦しい場面ではその左足が何度もチームを救ってきただけに、コンディションが万全ではない時点で、まずはマイナス材料だ。

 リーグ前節は神戸を相手に敵地で0−2で敗戦。今季はアウェイでの勝利が未だなく、その悪い流れをホームに持ち込まないように注意したい。

文:totoONE編集部

■アルビレックス新潟 1トップは鳥栖から加入した富山貴光の起用が濃厚

【プラス材料】
 2−4で敗れたとはいえ、リーグ前節の鹿島戦は、実に第7節の甲府戦以来となる複数得点を挙げた。カウンターから小川佳純のラストパスをドウグラス・タンキ、サイドを連係で崩す間に攻撃参加したボランチ磯村亮太のラストパスをホニが決め、バリエーションを示した。小川、磯村と、夏に加入したMFが得点に絡めたことは、チームのクオリティーが上がっていることを物語る。

 特に小川は2点目でも崩しのテンポを司る重要な役割を果たしている。ボールを引き出すランニングと、ボールを受けてからの的確な配球でプレーのテンポを司る小川は、新潟最大の武器であるカウンターを生かすために、自分たちでボールを動かす重要性を強調する。札幌戦も小川を中心にボールを循環させれば、得点機が増えるはずだ。

【マイナス材料】
 前節は首位の鹿島を相手に前半で2点を先制しながら、後半早々、警戒していたCKで失点してから崩れ、終わってみれば2−4の完敗。勝ち点1でも積み上げなければならない状況で、痛恨の結果に終わった。

逆転負けは今季リーグ5試合目で、試合の流れに即応しながら90分を戦う力が不足している。前節も戦い方を逐一変える鹿島に対応できず、勝機を手放した。交代策を含め、展開を見通すことはベンチワークにも強く求められる。

今節はタンキが警告の累積で出場停止となる。屈強なフィジカルを生かし、攻撃の核となったブラジル人FWに代わり、富山貴光の先発が予想される。体を張ってポストプレーもできるし、背後に抜け出す機動力もある富山を、チームとしてどこまで生かせるか。鳥栖で共にプレーした小川が、ここでもカギを握りそうだ。

文:totoONE編集部