※写真はイメージ

写真拡大 (全2枚)

仕事などで、結果を出すために無理をしてしまう人は多くいます。中にはそれでも結果が出せず、さらに無理をしてしまう人も。

そんな人に知ってもらいたい、えふ太(@fta7e)さんが投稿した「余力を残すことの大切さ」をご紹介します。

余力を残すとたくさん挑戦できる

えふ太さんは、無理をすることで、このような負のサイクルに陥ってしまうと注意しています。

無理をする。

生活が乱れる。

運動する気力もない。食生活や睡眠も乱れる。

体力が減る。

疲れてできることが減る。

さらに無理する。

無理をすることで、さらに無理をしなければいけない状況に陥る…身に覚えがある人もいるのではないでしょうか。

※写真はイメージ

こういった負のサイクルから抜け出すためには、「挑戦するレベルを下げて、余力を残すこと」と語る、えふ太さん。

そこには、このような意味が込められていました。

負のサイクルに陥るとどんどん消耗していきます。運動や食生活に気を配れる程度に余力を残せるように、『挑戦レベル』を調整したほうが結果的にたくさんのことに挑戦できます。

えふ太さんの投稿に、無理していることを実感する人や共感する人が多くいました。

これで体重が増えたり、ドクターストップがかかって強制入院したり…大変だったから、みんな笑いごとで済ませないでください。自分は「やれることが減る状態」になっていて、とても心配です。「あれもこれもやろう」と考えると結局破綻して何もできなくなります。「このくらいなら無理なくできそう」という小さなことから始めるのがいいですよ。

もちろん、気合を入れて頑張らなければいけない時もあります。しかし、効率よく物事をこなすためにも、余力を残すことは大切です。

「最近、生活も睡眠も乱れてきているな」と感じたら、少し立ち止まって、挑戦しているレベルに無理はないか見直してみてくださいね。

[文・構成/grape編集部]