1142号「LOCKER ROOM」はみだしレポート 競泳/古賀淳也選手 (第一三共)
「世界水泳ブダペスト」ではスタッフの激励を丁重に辞退!?

Hanako本誌の人気連載「LOCKER ROOM」で紹介しきれなかった写真&こぼれネタをご紹介。今回は1142号から、競泳界の人気者、古賀淳也選手。どんなお話が飛び出すかお楽しみに。前回の卓球/丹羽孝希選手はこちら。連載トップはこちら。

都内の小学校にオジャマすると、子供たちに囲まれて、楽しそうに水泳を教える古賀選手を発見! 練習後には彼らと写真を撮ったり、握手をしたり…。すると、憧れの選手に握手をしてもらった女子小学生たちが「もう手を洗えない!」とキャーキャー大騒ぎ。これぞオンナ心♡ そんなJSたちの様子を伝えると、「すぐ塩素消毒されちゃいますけど(笑)。うれしいですね」と、古賀選手も満開の笑顔でした。水泳指導のあとは、体育館で「夢をあきらめない」というテーマの授業を。目標を持つことの大切さや7月に行われた『世界水泳ブダペスト』での秘話をトーク。小学生からの質問にも丁寧に答えていました。

本誌インタビューでは世界水泳の裏話も。子供たちの前で「レース前、気持ちが高ぶりすぎているときはしっとりとした曲を聴き、気分が落ちているときには気持ちが上がる曲を聴く」と話していたが、世界水泳のときは、それほど音楽を聴かなかったそう。「ホントにニュートラルで、いい精神状態だったと思います。だから、レース前、サブプールから(試合の)メインプールに向かうとき、コーチやスタッフが『がんばれよ!』と手を叩いたりして、テンション高めに送り出してくれるんですけど、それもお断りして、『僕のときは静かに送り出してください』とお願いしたほど(笑)。ネコのようにスーっと行って、サーっと帰ってきたかった。いい集中を崩したくなかったんですよね。決して激励がイヤだったわけではないんですよ」と、苦笑い付きで、舞台裏を話してくれた古賀選手。結果は50m背泳ぎで銀メダルを獲得し、2009年のローマ大会以来、8年ぶりの表彰台に。今後の活躍にますます期待ですね!

Birthday 1987/7/19
Blood type B
Height 181cm
Birthplace SAITAMA

こが・じゅんや●背泳ぎ・自由形。2009年、世界水泳ローマの100m背泳ぎで金メダル、50m背泳ぎで銀メダルを獲得。16年、リオ五輪に400mフリーリレーのメンバーとして出場。今年7月の世界水泳ブダペストでは50m背泳ぎで銀メダリストに。

photo:Emiko Tennichi
text&edit:Naoko Sekikawa