2017年9月21日に『旅と鉄道』2017年11月号を発刊

『旅と鉄道』11月号では、ちょっと変わった鉄道の名所を“へんな鉄道!?”として、笑顔で旅するためのきっかけとして、読者に楽しい旅を提案しています。

○ 巻頭ルポ

お笑い芸人で“鉄道BIG4”のひとりとして「鉄道チャンネル」でも活躍中のダーリンハニー・吉川正洋さんが四国を訪れ、一両編成の“四国新幹線”こと「鉄道ホビートレイン」に乗ってローカル線・予土線を旅します。予土線沿線の清流・四万十川の景観を楽しみながら地元の方々とも触れあい、高知市・とさでん交通の日本一駅間距離が短いスポットにも立ち寄るなど、とても濃い2日間の旅。吉川さん本人が執筆した味わいある文章も必読です。

○ 体験ルポ 津軽半島“へん鉄”めぐり旅
8月初旬に運行された津軽鉄道のイベント列車「真夏のストーブ列車」に乗車します。雪深い冬に運転されることで有名なストーブ列車を、あえて真夏に体験。車内の温度は最高50度にも達していました!吹き出す汗、もうろうとする意識……体当たりの珍体験が誌面におどります。他にも遮光器土偶を模した巨大な駅舎のJR木造駅、津軽鉄道嘉瀬駅に保存され今年5月に塗り直された「しんご列車」など、津軽半島の「へんな!?」スポットが紹介されます。

○ 思わず笑顔になる 爆笑!? へんな駅20
全国には一瞬目を疑う、おもしろい見た目の駅舎がたくさん存在します。カメに河童、巨大SLにミニ版東京駅など……見ただけで思わず笑顔になる駅に加え、駅でバーベキューができたり、バスケットボールができたり、温泉にも入れる!? 各地のへんな駅を紹介しています。旅行の折にはぜひ途中下車して爆笑してください。

○ SNS映えも抜群! 変わり種珍体験列車
遊び心に満ちた、変わった体験ができるイベント列車や車両を集めました。掘りごたつでほのぼのできる列車、車内で「年金相談」ができる列車、ディスコで踊れる、たった1円で乗れる!? など、愉快で楽しい珍体験列車がせいぞろい集合しました。

○ 専用線から廃線跡まで!? “へん”なところを走る鉄道
日ごろから慣れ親しんでいる鉄道だけど、ちょっと視点を変えて不思議な鉄道や列車を探してみるのも楽しい。各地で見つけた一風変わったところを走るシーンを集めてみました。なかにはいますぐ見たい・乗りたい列車があるかもしれません。38段ものスイッチバックがある秘境鉄道や島の森林鉄道、知る人ぞ知る貨物専用線など、過酷な環境でも一生懸命に走る鉄道たちの勇姿をごらんください。

○ 鉄道旅なら、やっぱりコレ うまくておもしろい駅弁大集合!
旅の楽しみのひとつである駅弁。ここでは、駅弁そのものに個性をもつ注目の駅弁から、容器に特徴のあるおもしろ駅弁まで、ちょっぴりユニークな今年の顔をえりすぐって紹介。米どころが誇る誰もがアッと驚く新発想の駅弁、日本人でよかったと思えるこれぞ、弁当文化の原点という駅弁など、誌上試食会!

○ 東西お手軽“へん鉄”めぐり
都会にも多くの爐悗鵑陛監鮫瓮櫂ぅ鵐箸あります。地下鉄唯一の踏切や、すぐそこにあるのにまったく別名の駅、かがまなければくぐれない架道橋、電車型ビル、秘境駅、へんなケーブルカーと爆笑スポットが目白押しです。旅に出るための時間も資金もない!という方でも、気軽に行けるスポットをめぐるコースを掲載しています。

なかなか鉄道雑誌で、この様な「天晴れな切り口」は珍しいと思いますが、とにかく「ヘン!?」のコレクションで十分楽しませてもらえます。定価は1、000円(税込)です。

「旅と鉄道」のサイトもご覧ください。http://www.tabitetsu.jp/magazine/