ももいろクローバーZ(左から百田夏菜子、玉井詩織、佐々木彩夏、有安杏果、高城れに)

写真拡大

 伊勢丹新宿店が9月21日、「ピンクハウス(PINKHOUSE)」と人気アイドルグループももいろクローバーZ(以下、ももクロ)によるコラボイベント「ブームは違和感から 〜PINK HOUSE 35th anniversary〜」の開催を記念してファッションショーを行った。メンバーがモデルとして登場し、ピンクハウスでコーディネートしたルックを披露した。
 9月20日から開催されている「ブームは違和感から 〜PINK HOUSE 35th anniversary〜」はピンクハウスとももクロによる2回目のコラボイベント。「ブームは違和感から」をテーマに掲げ、"違和感"から生まれる斬新なスタイリングを提案している。
 会場では、ピンクハウスが今回のためにデザインしたオリジナルアイテムのほか、「ジーヴィジーヴィ(G.V.G.V.)」や「フラボア(FRAPBOIS)」「アトリエ染花」「sAn」とそれぞれコラボしたアイテムをラインナップ。目玉商品として、セミオーダーとなる数量限定シリアルナンバー入りスタジャンを用意。代表曲にちなんだワッペンがポイントで、ももクロのメンバーカラー5色に黒を加えた計6色から好みのカラーとシリアルナンバーを組み合わせることができる。スタジャンは9月22日に伊勢丹オンラインストアで限定販売を開始した。
 伊勢丹新宿店の営業終了後に開かれたファッションショーには、抽選で選ばれた180人のファンが招待された。各メンバーは2パターンのコーディネートとスタジャンを組み合わせたルックを披露。メンバーとの距離が近いステージで招待客からは歓声が上がり、中には嬉し泣きするファンも見られた。
 佐々木彩夏は「こういうショーは初めてで、お客さんとの距離も近くて照れくさかった。ママもおばあちゃんもピンクハウスが好きで、私にも買ってくれる。普段もよく着るので、お仕事でも着れてすごく嬉しい」とコメント。全身ブラックのコーディネートを着用した玉井詩織は「黒は地味になりがちですが、このコーディネートは可愛さとカッコ良さを兼ね備えていて好きです」と語った。デザイナーが特別にデザインしたスタジャンはメンバーも気に入っているといい、百田夏菜子は「思い出がワッペンになっていて愛を感じました」と笑顔を見せた。同スタジャンはショー会場で特別に先行販売を実施。最後にピンクハウスのくまのキャラクター カールくんが登場し、各メンバーに花束を贈呈した。