故障者/C大阪=アン・ジュンス、温井 仙台=永戸、ヴィニシウス、平山、金久保、富田、石川慧
出場停止/C大阪=なし 仙台=なし

写真拡大 (全2枚)

J1リーグ27節
セレッソ大阪×ベガルタ仙台
9月23日(土)/19:00/キンチョウスタジアム

セレッソ大阪
今季成績(26節終了時):4位 勝点48 14勝6分6敗 50得点・29失点
 
【最新チーム事情】
●前節の広島戦は最後までゴールを奪えずに0-1で敗戦。
●水曜日の天皇杯・名古屋戦(1-0)で清武が約3か月ぶりに実戦復帰。
●リーグ戦では12試合連続で失点中。クリーンシートを目指したい。
 
【担当記者の視点】
 前節の広島戦はチャンスを作りながら最後までネットを揺らせずに0-1で敗れた。首位鹿島との勝点差は「10」に開いただけに、これ以上の取りこぼしは許されない。
 
 朗報は、清武の復帰だ。今週水曜日の天皇杯・名古屋戦で、左ハムストリングの怪我から約3か月ぶりに実戦に復帰。85分からの出場だったが、軽快な動きを披露し、今節はベンチメンバーに入る予定だ。
 
 一方、リーグ戦12試合連続で失点中の守備面には不安が残る。本来はハードワークを軸にした守備が強みだっただけに、原点に立ち返れるかがポイントだ。
J1リーグ27節
セレッソ大阪×ベガルタ仙台
9月23日(土)/19:00/キンチョウスタジアム
 
ベガルタ仙台
今季成績(26節終了時):12位 勝点32 9勝5分12敗 30得点・42失点
 
【最新チーム事情】
●前節、アウェーでFC東京に0-1の惜敗。
●シャドーで梁が6試合ぶりの先発の見込み。
●中野が別メニュー調整。コンディション次第で蜂須賀がスタメンも。
 
【担当記者の視点】
 前節のFC東京戦はセットプレーからの1点に沈んだ。負傷離脱した主将の富田の穴を埋めようと、ボランチの奥埜は奮闘したが、チームのバランスは整わなかった。
 
 そこで今節は在籍14年目を迎える梁をシャドーで先発起用する予定だ。本人は21節の磐田戦以来、6試合ぶりのスタメン出場へ「がむしゃらに無心でやる。自然体で頑張りたい」と、強い意気込みを示す。
 
 渡邉監督も「経験を生かし、局面での状況判断をしてもらいたい」と期待をかけている。