【ブンデス第6節プレビュー】武藤vs原口、PSG戦控えるバイエルンは監督交代のヴォルフスと対戦

写真拡大

▽ミッドウィークに行われた前節ではドルトムントがハンブルガーSVに、バイエルンがシャルケにそれぞれ快勝し、共に今季4勝目を挙げた。日本人対決ではドルトムントの香川が今季初ゴールを決めて、今季初先発を飾ったハンブルガーSVの酒井高との対決を制した。そしてケルン大迫vsフランクフルト長谷部の対決は、長谷部が無失点勝利に貢献し、代表対決を制している。また、チームは敗れたもののマインツの武藤が圧巻のドリブルシュートで今季2ゴール目を決めている。迎える第6節では武藤vsヘルタ・ベルリン原口の日本人対決が組まれている。

▽武藤は前節ホッフェンハイム戦でチーム2点目を決めたものの、追加タイム被弾で2-3と逆転負けを喫してしまった。既に今季4敗目と苦しいチーム状況の中、2戦連発弾でチームに今季2勝目をもたらしたい。対する原口は引き続き終盤での途中出場が続く苦しい状況だが、少ないチャンスを活かしてレギュラーポジション奪取の足がかりとしたい。

▽前節シャルケ戦をハメス・ロドリゲスが全得点に絡む活躍で3-0と快勝したバイエルンは、金曜日にヴォルフスブルクとホームで対戦する。水曜日にチャンピオンズリーグ(CL)のパリ・サンジェルマンとの大一番を控える中、数人のターンオーバーを図りつつ監督交代に踏み切ったヴォルフスブルクを一蹴したい。

▽前節HSV戦を香川のゴールなどで3-0と快勝したドルトムントは、5試合を終えて18ゴール無失点と最高のスタートを切っている。そのドルトムントはボルシアMGとのホーム戦に臨む。HSV戦では新戦力のヤルモレンコが2ゴールに絡む活躍を見せるなど、順調にチームにフィットしていることを窺わせたが、火曜日にCLレアル・マドリー戦を控える中、前節シュツットガルト戦をラファエウの2ゴールで快勝した難敵ボルシアMG相手に、5勝目を挙げて首位キープとなるか。

▽開幕5連敗と苦しいケルンの大迫は、3勝2分けと好スタートを切ったハノーファーとのアウェイ戦に臨む。昨季の得点源であったモデスト移籍が大きく響き、5試合を終えて1ゴールと深刻な得点力不足に陥っている中、前節ドルトムント戦では決定機を逸した大迫としては今季初ゴールを決めてチームを今季初勝利に導きたい。

▽ケルン戦ではボランチとリベロの両ポジションでプレーし、チームのシャットアウト勝利に貢献したフランクフルトの長谷部は、ライプツィヒとのアウェイ戦に臨む。ヴェルナーやフォルスベリら厄介な攻撃陣を擁する相手を引き続き抑え込み、チームに今季3勝目をもたらせるか。

▽開幕節以来のスタメンとなったシュツットガルトの浅野は、アウグスブルクとのホーム戦に臨む。前節ボルシアMG戦ではスルーパスから1度好機を演出した浅野は、引き続きスタメン予想だが、ゴールに絡む活躍を見せられるか。最後に今季初スタメンを飾りながらも後半開始3分に交代となったHSVの酒井高はレバークーゼンとのアウェイ戦に臨む。

※スタメン予想はドイツ『キッカー』を参照

▽9/22(金)

《27:30》

バイエルン vs ヴォルフスブルク

▽9/23(土)

《22:30》

シュツットガルト vs アウグスブルク

ライプツィヒ vs フランクフルト

マインツ vs ヘルタ・ベルリン

ホッフェンハイム vs シャルケ

ブレーメン vs フライブルク

《25:30》

ドルトムント vs ボルシアMG

▽9/24(日)

《22:30》

ハノーファー vs ケルン

《25:00》

レバークーゼン vs ハンブルガーSV