ドルトムントに所属する香川真司【写真:Getty Images】

写真拡大

 現地時間20日にブンデスリーガ第5節の試合が行われ、ドルトムントはアウェイでハンブルガーSVと対戦し3-0の勝利をおさめた。試合後、香川が自身のブログを通じて試合を振り返っている。



 先発出場を果たした香川は24分、右サイドで得たフリーキックをペナルティーエリアでオマル・トプラクがヘディングで競り勝ち香川のもとにボールが転がる。すぐさま香川は右足でシュートし今季初ゴールを決めた。

 この得点に関して香川は「久しぶりの得点は正直うれしいね。思わず吠えてしまいました」と答え、今季初ゴールを決めたことを喜んでいる。

text by 編集部