9月21日から24日にかけて幕張メッセで開催中の『東京ゲームショウ2017』。昨年から設立されたVRコーナーでは、アトラクション型などの一味違ったVRも出展し大盛況だった。

今回は、一風変わった美少女とイチャイチャできるVRゲームを体験してきたので、おすすめのブースをご紹介する。

匂いつきで美少女と急接近しちゃうVR

『VAQSO』ブースでは、VRから“匂い”を出せるVRデバイスが体験できる。コンテンツと連動して数種類の匂いを出すことができ、よりリアルなVR体験が可能に。

ブースでは9種類のVRで遊ぶことが可能だが、記者が体験したのは、“圧倒的近接VR体験プロジェクト”『透明少女』と、『VRカノジョ』のキャラクター「夕陽さくら」が登場する『VRサクラ』。

『透明少女』では、目の前や耳元で女の子が話しかけてくるドキドキのシチュエーションを体験できる。シャンプーの香りなど女の子らしい匂いが嗅覚を刺激し、女の子との距離がより近くに感じられた。

『VRサクラ』は、コントローラーで女の子と触れ合えるVRゲーム。詳細は省くが、TGS版では健全バージョンになっている。ゲーム内ではヘッドセットと連動するポッキーゲームをして、チョコレートの香りを体験することができる。公衆の面前で体験するVRポッキーゲームは、一歩間違えると公開処刑になりかねないので要注意。

スマホで等身大フィギュアが遊べる手軽VR 

VR、AR、MRなど先端コンテンツで開発をしている『Gugenka』ブースでは、スマホでプレイ可能なVR“デジタルグッズ”が展示されている。

『HoloModels』は、好きな場所に3DCGのARフィギュアが飾れるスマートフォンアプリ。ポージングは自由自在に変更可能で、サイズを等身大の1/1サイズにすることもできる。

ブースでは、人気アニメのキャラクターの膝枕や添い寝を体験できる『Re:ゼロVRで異世界生活』と『めざましVR!義妹と同居生活 エロマンガ先生 -紗霧の部屋着編』の展示も。手軽にスマホでVRキャラに癒されたい方にはピッタリのアプリ。

VRコーナー以外にも、『KONAMI』ブースではTGS限定『ラブプラス EVERY』のモバイルVRが体験できる。人気恋愛シミュレーションゲーム『ラブプラス』シリーズの最新作ということもあって、ブースは大盛況のようだった。

匂いの再現、スマホでの低価格VRなど、止まらないVRの進化は驚きの一言。現実に負けずとも劣らないVRが登場するのも時間の問題かもしれない……。

【おまけ】TGSはコンパニオンさんもむちゃくちゃかわいいぞ!

TGSは二次元だけではなく、三次元の女性も美女揃い。最後に、会場で見かけたコンパニオンさんをご紹介。

―― やわらかニュースサイト 『ガジェット通信(GetNews)』