完成報告会に出席した知英

 歌手で女優の知英と俳優の山田孝之らが21日、都内でおこなわれた映画『DCスーパーヒーローズ vs 鷹の爪団』の完成報告会見に参加した。その中で知英は「今回は声優として演じるのは2回目なんですけど、監督が何でも一緒に付き合ってくれたので楽しく収録できました」とコメントした。

 この映画は、世界征服を企む秘密結社鷹の爪団と、彼らの野望を阻む正義の味方とを描いた脱力系コメディアニメシリーズの劇場版。シリーズでお馴染みのキャラクターたちが、バットマンやスーパーマンなどのDCエンターテインメントのキャラクターたちと共演するのが最大の見どころだ。

 そしてこの作品に、知英と山田は共に声優としてアフレコに参加している。会見には主題歌を務めたGLIM SPANKY、劇中曲を担当したKenKen、アフレコに参加したラッパーのDOTAMA、プロレスラーのオカダ・カズチカ、監督を務めたFROGMANらも登場。豪華な顔ぶれが並んだ。

 山田は出来上がった作品について「面白かったです」とぽつり。絵もない状態でおこなわれたという声の収録については「畳一畳分くらいの部屋で、監督と2人で文字だけを読んでやっていく感じでしたね」とした。

完成報告会に出席した、知英、山田孝之、オカダ・カズチカ

 オファーされた時は「普通に嬉しかったです。やってみると、基本的にずっと同じテンションなんです。それだけではやってる側として面白くないんですけど、遊べる箇所があって。そういうところが凄く楽しかったですね」とした。役作りについては「特にしていません。声を落として、ガサガサさせるというだけです」とクールに話した。

 知英は「今回は声優として演じるのは2回目なんですけど、セリフが多いのは初めてだったので不安もありました。でも、監督が何でも一緒に付き合ってくれたので楽しく収録できました」とコメント。作品の感想は「普通に面白かったです。自分の声も出ているんですけど、『予算』が今回はテーマでもあったんですけど、CMがさりげなく出たり」と述べた。

 オカダは「オカダカズチカでいるためにオカダカズチカのインタビュー映像を見たんですけど、本人役なので意味がなかった」、「バットマン役だと思っていたけど、本人役で安心しました」とユーモア交じりに語った。山田はそれを聞いて、下を向きながら、にやり。

 発表会の最後はFROGMAN監督が「本当に楽しんで作らせて頂きました。作る側がとても楽しかった作品で、前からずっと出てもらいたいと思っていた人に出てもらいました。僕自身もやりたいことをやりつくしています。言いにくい事を言えない世の中で、ここまでやれるのは『鷹の爪』しかないと思っています。是非ご覧いただければと思います」とメッセージを送った。【取材・撮影=小池直也】