オギツ公式サイトより

写真拡大

 ラオックスが9月22日、ウィメンズシューズを展開するオギツ及び恒和総業の95%に当たる株式を取得し、オギツグループを子会社化することを発表した。取得額は非公開で、株式譲渡日は10月6日。
 ラオックスはこれまで、2015年に同業種であるモード・エ・ジャコモの株式を取得し子会社化。昨年には同社の子会社が同業種のシンエイおよび婦人靴製造業の新興製靴工業の事業を取得し、今年7月にはこれら子会社を合併している。
 新たにグループ化するオギツは、「イング(ing)」や「ピッティ(Pitti)」などのオリジナルブランドのほか、有名ブランドのライセンスを多数展開している。株式取得によりラオックスの商品構成を充実させ、既存の同業種事業と製造・販売面における相乗効果や効率化を図るという。